iPod使用歴8年の僕が、iTunesの再生回数トップ25を紹介する!!

スポンサード リンク

僕は音楽がめちゃくちゃ好きです。そこまで“通”ではないけれども、色んな音楽を聴いております。

「聴く音楽のジャンルにはこだわらない」という“こだわり”を持っていて、邦楽・洋楽は特に関係なく様々な種類の曲がiPodに入っています。あとイヤホンにもこだわりを持っており、記事の最後で紹介します。

僕は町中とかでイヤホンをしている人を見かけると「他の人ってどんな音楽を聴いてるんだろう?」っていつも疑問に思っておりました。

そこで、今回の記事では「自分のよく聴いている音楽トップ25を晒してみると結構面白いんじゃないか?よし!今日のブログのネタはこれだ!!」

ってことでブログで再生回数トップ25の曲を公開してみることにしました!!

題して「iPod使用歴8年以上の僕がiTunesの再生回数トップ25を紹介する!」です。ちなみにこの記事の見出しは左側に曲名、かっこ内にアーティスト名を記載しています。それではみていきましょう!!

スポンサーリンク

1. Sound of Violence(Dennis de Laat)

まず第一位はこの曲です。僕が人生で一番聴いている曲。もう最高。

Dennis de LaatというDJの曲で、映画「ソーシャル・ネットワーク」の名場面で使用されていました。

この曲を聴くと、映画のワンシーンを思い出して、鳥肌が立ちます。クラブでマーク・ザッカーバーグとショーン・パーカーが話している伝説のシーンです。

元気がないときは、大音量で「Sound of Violence」を聴くことが非常に多く、テンションが上がります。めちゃくちゃ最高にクールです!!

2. Numb(Linkin Park)

2位はやはりこの曲ですか。Linkin Parkの最高傑作、Numb。

誰がなんと言おうと今世紀最高の曲の一つです。

美しすぎるピアノの旋律と、ベースのなんとも言えない最高の重低音、そして計算され作り込まれた完璧なメロディ。

もはや奇跡の一曲としか言いようがない完成度を誇っています。

3. Young Girls(Bruno Mars)

初めて聞いたときに一目惚れした強烈な一曲

どことなく悲しい独特の世界観がたまりません。小説の中の世界に引き込まれたみたいです。

あなたも夢中になること間違いなし。

この曲も病みつきになって、iPodが壊れるんじゃないかってほど聴きました。

4. スターライトパレード(SEKAI NO OWARI)

久しぶりにどハマりした邦楽の曲。

ずっと敬遠していたセカオワですが、このスターライトパレードだけは別格でした。

サビの部分とかめちゃくちゃ好きです。メロディの爽快感が最高。

あとピアノのSAORIちゃんがタイプで好き過ぎて仕方ない。ホントたまらない。ドラゲナイ。

5. Beautiful(Akon ft. Colby O’Donis, Kardinal Offishall)

もはやR&Bの神が宿っている一曲。

厳つすぎる見た目とは裏腹に、美しすぎるAkonの歌声。

まさしくBeautifulなメロディはホント素敵です。

僕がR&Bにハマるきっかけにもなった曲でもあります。

6. Hard To Explain(The Strokes)

僕が愛してやまないアメリカのガレージロックバンド「ストロークス」。

無駄のない洗練された魂の一曲です。

唯一無二の個性的な世界観に、是非あなたも引き込まれてみてください。

でも抜け出せなくなってしまう恐れがあるので、くれぐれも注意して下さいね。

7. Pump It(The Black Eyed Peas)

「うわ!ウォーターボーイズや!!」って反応してさまうBlack Eyed PeasのPump it。

思わず体が動いてしまうくらいキャッチーで聴きやすいヒップホップが、めちゃくちゃカッコいい!!

生まれて初めて行ったLiveが「Black Eyed Peas」のThe Endということもあり、めちゃくちゃテンションが上がる曲です。

8. Welcome to the Black Parade(My Chemical Romance)

美しいメロディ、壮大なスケールの世界観、ジェラルド・ウェイのエモーシャルなボーカル、駆け抜ける圧倒的な疾走感。

どれを取っても素晴らしい。ただその一言に尽きます。

間違いないなく、歴史に名を残す名曲。バンド自体、2013年に解散したのが惜しすぎます。

9. Your Smile Days(RYOJI TAKARABE)

この曲はあまりご存知ではない方が多いと思います。Youtuber財部リョージさんの曲です。

僕の人生で9位に食い込んでくるという名曲。

大好きなアリケイタさんの「ダンナと嫁のビログチャンネル」のエンディング曲として、使用されておりました。

アリケイタ夫婦の微笑ましいPVが、めちゃくちゃ好きで多分1000回くらい見ました。

「なぜこの曲があまり評価されてないのか?」それが不思議で仕方ありません。

とにかく、サビの部分が素晴らしいです。聴いたことない方は要チェック!!

10. DJ Got Us Fallin’ in Love(Usher ft. Pitbull)

何これ!めちゃカッコいい!!

思わずダンスを踊ってみたくなるアップテンポな曲で、頭から離れなくなるでしょう。

聴いたら最後、めちゃくちゃハマります。

クラブで音楽が流れたときは、激アツでした。

数年に一曲しか出会えないという、一度聴くと一目惚れしてしまう一撃必殺な曲です!!

11. Jerk It Out(Caesars)

ついに出た!AppleのCMソング!!

Appleの曲の中でも僕が最高に好みな一曲です。iPodを聴きながら踊りまくりたくなります。

体が勝手に動きそうです。

たまらないです。

そう、Jerk it outならね。

12. All About Tonight(Pixie Lott)

この曲もよく聞いたなー。

セクシー過ぎるピクシー・ロットの腰振りダンスがヤバイ!!

ノリノリな音楽も最高です。

まさにカワイイは正義!細いは正義!!そんな一曲です。

13. Hit The Lights(Jay Sean ft. Lil Wayne)

Jay SeanとLil Wayneの最強コンビの第二弾ソング。

Jay Seanの美メロとLil Wayneのラップが融合され、軌跡のハーモニーを生み出しています。

Downも好きですが、僕はこっちの曲の方がよく聴いていたようです。

ちなみに歌詞の中に「iPhone」というキーワードが入っている珍しい曲でもあります。

14. Break Your Heart(Taio Cruz ft. Ludacris)

この曲も昔、よく聴きました。

今やR&B界の人気者となったTio Cruzを一躍有名にさせた名曲です。

メロディの美しさ、ノリの良さ、重低音なリズム…。まさにドストライクでした。

そうそう、あとこの曲のPVには、Akonの「Beautiful」のPVにも出演していた、僕がドストライクのめちゃくちゃ可愛い女優さんも出ているのでそこも要チェク!!

色んな意味でドストライクな曲でした笑。

15. Breaking The habit(Linkin Park)

Linkin Parkで2番目の再生回数を誇る曲。

マイク・シノダのラップがなくなった曲でもあり、それまでのLinkin Parkとは雰囲気が異なっております。

この曲は音楽も素晴らしいものがありますが、PVも非常に好きです。

日本のアニメーターとのコラボで作成された映像は、何か非現実的でまるで異世界。異世界好きの僕としてはたまりません。曲の雰囲気とも非常にマッチしており、かっこ良すぎます!!

16. Down(Jay Sean ft. Lil Wayne)

さきほど、紹介したHit The Ligtsと常に一緒に聴いていた曲です。

もはや天才的な化学反応が起こっている神のような曲。

リリースされて8年くらい経ちますが、未だに聞き飽きません。

聴いた者を不思議な世界へ旅立たせてくれる魔法のような力が宿っております。

17. Spectrum(Zedd ft. Matthew Koma)

EDM史上最強・最高のDJだと何度か記事にも書いたZedd。

そんな天才的な彼の一番好きな曲です。

最初聞いた時の衝撃は今も色褪せることなく鮮明に記憶しています。

知らないという方は是非、一度聞いてみてください。

18. Next to You(Chris Brown ft. Justin Bieber)

あのクリス・ブラウンとジャスティン・ビーバーがコラボしたという夢のような一曲です。

落ち着いた雰囲気の美メロソング。この曲も一目惚れでした。

2人の美しすぎる歌声が融合され、この上ない素晴らしい曲に仕上がっています。

19. New Soul(Yael Naim)

これもAppleのCMで使用されていた音楽です。Apple系の曲は気になったらすぐにダウンロードして、へヴィローテーションで聴きまくっていました。

僕が一番好きなMacBook AirのCMで使用されていて、非常にオシャレな曲調と見事に合わさっていました。封筒からMacBook Airが出てくるという画期的なヤツです。あのCMを見て「今度買うパソコンは絶対にMacBook Airだ!」と思ったのも今となっては懐かしい。

非常に落ち着いた優しい雰囲気の曲で、湖畔の近くとか大草原で風に揺られている中で聴いてみたいですね。

20. Dreezed from TRON: Legacy(Daft Punk)

映画「トロン:レガシー」で使用されていた曲です。

2分ちょっとと少し短めの曲ですが、ダフト・パンクの魅力が存分に詰め込まれおります。

クールな電子音とダフト・パンク独特の世界観が見事に発揮されています。

曲自体は物凄く好きで何回も聴いたのですが、映画はまだ見たことがないという。

21. Justin Bieber(Justin Bieber ft. Nicki Minaj)

ジャスティンのちょっと大人なナンバーです。

Youtubeで一度聴いて、ほぼ一目惚れでiTunesから曲をダウンロードしました。それからはヘヴィローテーションで聴きまくりました。

メロディがいい感じに仕上がってて素敵。

自撮りで撮影しているオシャレでカッコいいPVも必見!!

22. Find You(Zedd ft. Matthew Koma, Miriam Bryant)

もはや、ほぼ毎日10回くらいヘヴィローテーションで聞いています。

Matthew KomaとMiriam Bryantの歌声がZEDDの音楽と見事ミックスされており、センス抜群。

サビの部分の「WoW I’ll run Away With Your Foot Step 〜」の辺りが死ぬほど好きです。

23. (Sic)(Slipknot)

クレイジーすぎる!なんだこの音楽は!?と圧倒的なインパクトを誇る曲です。

激しすぎるドラム、もはや悲鳴でしかないボーカル、高速すぎるリズム、めちゃくちゃなギター音。

初めて聴いたときは、頭をレンガでぶったたかれるような衝撃を受けました。

スリップノットをただのコスプレ集団だとナメてかかると、痛い目に合います。

24. Little Bad Girl(David Guetta ft. Taio Cruz, Ludacris )

Zeddと同じくらい天才的なDJ David Guettaを筆頭に、なんとも豪華なメンバーが揃った一曲。

PVの「ズサーっ」て滑るところの違和感がハンパないです。そこが気になって何回もPVを見てしまいました笑。

David Guettaはあと「Gettin’ Over You」も好きです。このランキングに入ってないのが残念ですね。

25. Beautiful World(宇多田ヒカル)

映画「エヴァンゲリオン」の主題歌として起用されておりました。

エヴァシリーズがめちゃくちゃ好きで、よく見たしよく聴きました。

宇多田ヒカルの曲は他にもよく聴いていて、「Passion」も好きです。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!自分が予想していたよりも洋楽ばっかりでした笑。

音楽って人によって全然聴く曲が違ってきますよね。なんとなく人柄が出ていて、人のiPodってけっこう面白いものです。

あと、僕は音楽を聴くときは必ずBOSEのノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンを使用しています。ノイズキャンセリング機能はホント素晴らしい。従来のイヤホンでは聴き取れなかった重低音の世界観を楽しむことが出来ます。一度使用すると、病み付きになる最高級の音質です。

このノイズキャンセリング機能を使うことで、あなたを「精神と時の部屋」にいるかのような錯覚を起こしてくれます。つまり、めちゃくちゃ集中出来る静かな空間を生み出してくれるということです。

まだ使ったことのない方は一度、試してみることをオススメします。是非、BOSEのノイズキャンセリング機能を使って僕のお気に入りの音楽を聴いてみてください。

そして、あなたのiPodのプレイリストにあるトップ25も是非是非教えて下さいね!!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

僕は音楽がめちゃくちゃ好きです。そこまで“通”ではないけれども、色んな音楽を聴いております。

「聴く音楽のジャンルにはこだわらない」という“こだわり”を持っていて、邦楽・洋楽は特に関係なく様々な種類の曲がiPodに入っています。あとイヤホンにもこだわりを持っており、記事の最後で紹介します。

僕は町中とかでイヤホンをしている人を見かけると「他の人ってどんな音楽を聴いてるんだろう?」っていつも疑問に思っておりました。

そこで、今回の記事では「自分のよく聴いている音楽トップ25を晒してみると結構面白いんじゃないか?よし!今日のブログのネタはこれだ!!」

ってことでブログで再生回数トップ25の曲を公開してみることにしました!!

題して「iPod使用歴8年以上の僕がiTunesの再生回数トップ25を紹介する!」です。ちなみにこの記事の見出しは左側に曲名、かっこ内にアーティスト名を記載しています。それではみていきましょう!!

スポンサーリンク

1. Sound of Violence(Dennis de Laat)

まず第一位はこの曲です。僕が人生で一番聴いている曲。もう最高。

Dennis de LaatというDJの曲で、映画「ソーシャル・ネットワーク」の名場面で使用されていました。

この曲を聴くと、映画のワンシーンを思い出して、鳥肌が立ちます。クラブでマーク・ザッカーバーグとショーン・パーカーが話している伝説のシーンです。

元気がないときは、大音量で「Sound of Violence」を聴くことが非常に多く、テンションが上がります。めちゃくちゃ最高にクールです!!

2. Numb(Linkin Park)

2位はやはりこの曲ですか。Linkin Parkの最高傑作、Numb。

誰がなんと言おうと今世紀最高の曲の一つです。

美しすぎるピアノの旋律と、ベースのなんとも言えない最高の重低音、そして計算され作り込まれた完璧なメロディ。

もはや奇跡の一曲としか言いようがない完成度を誇っています。

3. Young Girls(Bruno Mars)

初めて聞いたときに一目惚れした強烈な一曲

どことなく悲しい独特の世界観がたまりません。小説の中の世界に引き込まれたみたいです。

あなたも夢中になること間違いなし。

この曲も病みつきになって、iPodが壊れるんじゃないかってほど聴きました。

4. スターライトパレード(SEKAI NO OWARI)

久しぶりにどハマりした邦楽の曲。

ずっと敬遠していたセカオワですが、このスターライトパレードだけは別格でした。

サビの部分とかめちゃくちゃ好きです。メロディの爽快感が最高。

あとピアノのSAORIちゃんがタイプで好き過ぎて仕方ない。ホントたまらない。ドラゲナイ。

5. Beautiful(Akon ft. Colby O’Donis, Kardinal Offishall)

もはやR&Bの神が宿っている一曲。

厳つすぎる見た目とは裏腹に、美しすぎるAkonの歌声。

まさしくBeautifulなメロディはホント素敵です。

僕がR&Bにハマるきっかけにもなった曲でもあります。

6. Hard To Explain(The Strokes)

僕が愛してやまないアメリカのガレージロックバンド「ストロークス」。

無駄のない洗練された魂の一曲です。

唯一無二の個性的な世界観に、是非あなたも引き込まれてみてください。

でも抜け出せなくなってしまう恐れがあるので、くれぐれも注意して下さいね。

7. Pump It(The Black Eyed Peas)

「うわ!ウォーターボーイズや!!」って反応してさまうBlack Eyed PeasのPump it。

思わず体が動いてしまうくらいキャッチーで聴きやすいヒップホップが、めちゃくちゃカッコいい!!

生まれて初めて行ったLiveが「Black Eyed Peas」のThe Endということもあり、めちゃくちゃテンションが上がる曲です。

8. Welcome to the Black Parade(My Chemical Romance)

美しいメロディ、壮大なスケールの世界観、ジェラルド・ウェイのエモーシャルなボーカル、駆け抜ける圧倒的な疾走感。

どれを取っても素晴らしい。ただその一言に尽きます。

間違いないなく、歴史に名を残す名曲。バンド自体、2013年に解散したのが惜しすぎます。

9. Your Smile Days(RYOJI TAKARABE)

この曲はあまりご存知ではない方が多いと思います。Youtuber財部リョージさんの曲です。

僕の人生で9位に食い込んでくるという名曲。

大好きなアリケイタさんの「ダンナと嫁のビログチャンネル」のエンディング曲として、使用されておりました。

アリケイタ夫婦の微笑ましいPVが、めちゃくちゃ好きで多分1000回くらい見ました。

「なぜこの曲があまり評価されてないのか?」それが不思議で仕方ありません。

とにかく、サビの部分が素晴らしいです。聴いたことない方は要チェック!!

10. DJ Got Us Fallin’ in Love(Usher ft. Pitbull)

何これ!めちゃカッコいい!!

思わずダンスを踊ってみたくなるアップテンポな曲で、頭から離れなくなるでしょう。

聴いたら最後、めちゃくちゃハマります。

クラブで音楽が流れたときは、激アツでした。

数年に一曲しか出会えないという、一度聴くと一目惚れしてしまう一撃必殺な曲です!!

11. Jerk It Out(Caesars)

ついに出た!AppleのCMソング!!

Appleの曲の中でも僕が最高に好みな一曲です。iPodを聴きながら踊りまくりたくなります。

体が勝手に動きそうです。

たまらないです。

そう、Jerk it outならね。

12. All About Tonight(Pixie Lott)

この曲もよく聞いたなー。

セクシー過ぎるピクシー・ロットの腰振りダンスがヤバイ!!

ノリノリな音楽も最高です。

まさにカワイイは正義!細いは正義!!そんな一曲です。

13. Hit The Lights(Jay Sean ft. Lil Wayne)

Jay SeanとLil Wayneの最強コンビの第二弾ソング。

Jay Seanの美メロとLil Wayneのラップが融合され、軌跡のハーモニーを生み出しています。

Downも好きですが、僕はこっちの曲の方がよく聴いていたようです。

ちなみに歌詞の中に「iPhone」というキーワードが入っている珍しい曲でもあります。

14. Break Your Heart(Taio Cruz ft. Ludacris)

この曲も昔、よく聴きました。

今やR&B界の人気者となったTio Cruzを一躍有名にさせた名曲です。

メロディの美しさ、ノリの良さ、重低音なリズム…。まさにドストライクでした。

そうそう、あとこの曲のPVには、Akonの「Beautiful」のPVにも出演していた、僕がドストライクのめちゃくちゃ可愛い女優さんも出ているのでそこも要チェク!!

色んな意味でドストライクな曲でした笑。

15. Breaking The habit(Linkin Park)

Linkin Parkで2番目の再生回数を誇る曲。

マイク・シノダのラップがなくなった曲でもあり、それまでのLinkin Parkとは雰囲気が異なっております。

この曲は音楽も素晴らしいものがありますが、PVも非常に好きです。

日本のアニメーターとのコラボで作成された映像は、何か非現実的でまるで異世界。異世界好きの僕としてはたまりません。曲の雰囲気とも非常にマッチしており、かっこ良すぎます!!

16. Down(Jay Sean ft. Lil Wayne)

さきほど、紹介したHit The Ligtsと常に一緒に聴いていた曲です。

もはや天才的な化学反応が起こっている神のような曲。

リリースされて8年くらい経ちますが、未だに聞き飽きません。

聴いた者を不思議な世界へ旅立たせてくれる魔法のような力が宿っております。

17. Spectrum(Zedd ft. Matthew Koma)

EDM史上最強・最高のDJだと何度か記事にも書いたZedd。

そんな天才的な彼の一番好きな曲です。

最初聞いた時の衝撃は今も色褪せることなく鮮明に記憶しています。

知らないという方は是非、一度聞いてみてください。

18. Next to You(Chris Brown ft. Justin Bieber)

あのクリス・ブラウンとジャスティン・ビーバーがコラボしたという夢のような一曲です。

落ち着いた雰囲気の美メロソング。この曲も一目惚れでした。

2人の美しすぎる歌声が融合され、この上ない素晴らしい曲に仕上がっています。

19. New Soul(Yael Naim)

これもAppleのCMで使用されていた音楽です。Apple系の曲は気になったらすぐにダウンロードして、へヴィローテーションで聴きまくっていました。

僕が一番好きなMacBook AirのCMで使用されていて、非常にオシャレな曲調と見事に合わさっていました。封筒からMacBook Airが出てくるという画期的なヤツです。あのCMを見て「今度買うパソコンは絶対にMacBook Airだ!」と思ったのも今となっては懐かしい。

非常に落ち着いた優しい雰囲気の曲で、湖畔の近くとか大草原で風に揺られている中で聴いてみたいですね。

20. Dreezed from TRON: Legacy(Daft Punk)

映画「トロン:レガシー」で使用されていた曲です。

2分ちょっとと少し短めの曲ですが、ダフト・パンクの魅力が存分に詰め込まれおります。

クールな電子音とダフト・パンク独特の世界観が見事に発揮されています。

曲自体は物凄く好きで何回も聴いたのですが、映画はまだ見たことがないという。

21. Justin Bieber(Justin Bieber ft. Nicki Minaj)

ジャスティンのちょっと大人なナンバーです。

Youtubeで一度聴いて、ほぼ一目惚れでiTunesから曲をダウンロードしました。それからはヘヴィローテーションで聴きまくりました。

メロディがいい感じに仕上がってて素敵。

自撮りで撮影しているオシャレでカッコいいPVも必見!!

22. Find You(Zedd ft. Matthew Koma, Miriam Bryant)

もはや、ほぼ毎日10回くらいヘヴィローテーションで聞いています。

Matthew KomaとMiriam Bryantの歌声がZEDDの音楽と見事ミックスされており、センス抜群。

サビの部分の「WoW I’ll run Away With Your Foot Step 〜」の辺りが死ぬほど好きです。

23. (Sic)(Slipknot)

クレイジーすぎる!なんだこの音楽は!?と圧倒的なインパクトを誇る曲です。

激しすぎるドラム、もはや悲鳴でしかないボーカル、高速すぎるリズム、めちゃくちゃなギター音。

初めて聴いたときは、頭をレンガでぶったたかれるような衝撃を受けました。

スリップノットをただのコスプレ集団だとナメてかかると、痛い目に合います。

24. Little Bad Girl(David Guetta ft. Taio Cruz, Ludacris )

Zeddと同じくらい天才的なDJ David Guettaを筆頭に、なんとも豪華なメンバーが揃った一曲。

PVの「ズサーっ」て滑るところの違和感がハンパないです。そこが気になって何回もPVを見てしまいました笑。

David Guettaはあと「Gettin’ Over You」も好きです。このランキングに入ってないのが残念ですね。

25. Beautiful World(宇多田ヒカル)

映画「エヴァンゲリオン」の主題歌として起用されておりました。

エヴァシリーズがめちゃくちゃ好きで、よく見たしよく聴きました。

宇多田ヒカルの曲は他にもよく聴いていて、「Passion」も好きです。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!自分が予想していたよりも洋楽ばっかりでした笑。

音楽って人によって全然聴く曲が違ってきますよね。なんとなく人柄が出ていて、人のiPodってけっこう面白いものです。

あと、僕は音楽を聴くときは必ずBOSEのノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンを使用しています。ノイズキャンセリング機能はホント素晴らしい。従来のイヤホンでは聴き取れなかった重低音の世界観を楽しむことが出来ます。一度使用すると、病み付きになる最高級の音質です。

このノイズキャンセリング機能を使うことで、あなたを「精神と時の部屋」にいるかのような錯覚を起こしてくれます。つまり、めちゃくちゃ集中出来る静かな空間を生み出してくれるということです。

まだ使ったことのない方は一度、試してみることをオススメします。是非、BOSEのノイズキャンセリング機能を使って僕のお気に入りの音楽を聴いてみてください。

そして、あなたのiPodのプレイリストにあるトップ25も是非是非教えて下さいね!!

スポンサード リンク