【レビュー】JOBYのゴリラポッドを装着してみたらiPhoneが生きてるみたいになった!!

スポンサード リンク

一人旅で色んな場所を訪れる際に、あったらいいなぁと感じるのがカメラ用の三脚。

風景ばかりの撮影も素敵ですが、1枚くらいは自分込みの写真が欲しいですよね。

他人に撮影をお願いするのもなかなか気が引けるし、自分の好きなタイミングや画角で撮影したかったりと、そう感じている方も多いはず。

そこで先日、JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(以下、ゴリラポッド)を購入しました。

これは、iPhoneなどのスマートフォンや、コンパクトデジカメなどの小さなカメラを使用するには、持ってこいの三脚です。

これから購入を考えている方のために、商品のレビューと感想をまとめておきます。

スポンサーリンク

JOBY ゴリラポッドについて

JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド)のパッケージ
パッケージはこんな感じです。

梅田のヨドバシカメラで3500円くらいで購入しました。

JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド) 4色展開
ゴリラポッドのカラーリングは、4色展開になっています。チャコールグレー、スカイブルー、バイオレットピンク、ライムグリーンです。

今回は、チャコールグレーを購入しました。

JOBY ゴリラポッドをいざ開封!!

JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド)
パッケージから出して、組み立ててみるとこんな感じです。シックな感じのグレイがいい感じです。

総重量はおよそ67gと非常に軽いので、カバンに入れて持ち運ぶことも簡単です。

ゴリラポッドとグリップタイト
この商品は、スマートフォン用のゴリラポッドです。そのため、スマートフォンを装着できるように、グリップタイトというパーツが付属しています。

ゴリラポッドとグリップタイトを、それぞれ分けてみました。ゴリラポッド自体は、通常のスマホ対応でないゴリラポッドと同じ形状です。

ゴリラポッドについて

ゴリラポッドについて

ゴリラポッド本体のみの重さは、およそ40gほどです。

足がくねくねと曲がるので、好きな形にすることも自由自在です。

手すりやフェンス、木の枝など色んな場所に取り付けることが可能になっているため、アクロバティックな撮影を行うことが出来ます。

ゴリラポッドのミニ三脚
ゴリラポッドの先端部分は、ネジ式になっています。コンデジなどはくるくると回して装着します。

最大カメラ搭載重量は325gまでとなっているため、一眼レフなどの本格的なカメラには対応していません。あくまでも、趣味用という感じですね。

ゴリラポッドのグリップタイトについて

ゴリラポッドのグリップタイト
こちらが、ゴリラポッドのグリップタイトです。

パーツの下の部分がネジ式になっており、回すと簡単にゴリラポッドから外すことが出来ます。

ゴリラポッドのグリップタイト
グリップタイトは、引っ張ると伸びる仕組みになっています。バネの力がけっこう強いため、挟んだiPhoneもガッチリ抑えこんでくれます。

グリップタイトでiPhone4を挟んだ写真
iPhone4を挟んでみると、こんな感じです。グリップが安定しているため、落ちる心配はしなくて大丈夫そうです。

iPhone5をグリップタイトで挟んだ写真
iPhone5も問題なく、挟み込んでくれます。

iPhone6とゴリラポッド
こちらは、iPhone6です。こちらも問題なく使用可能です。

グリップタイトは、幅54~72mmまでのスマートフォンに対応しています。iPhone6だとApple純正カバーを装着していても、使用可能です。現在、僕は純正カバーを装着したiPhone6を使用していますが、問題なく使えています。

【注意】ちなみにこの商品は、iPhone6 Plusには対応しておりません。別途パーツを購入する必要があります。

さぁ、ゴリラポッドにiPhoneを装着してみよう!!

ゴリラポッドにiPhoneを装着!!
それでは、ゴリラポッドにiPhoneを装着してみましょう!!

JOBY「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド)とiPhone4
iPhoneくらいの軽さのものなら、ゴリラポッドの三脚自体はびくともしません。非常に安定して自立しています。

なんかiPhoneが生きているみたい!!
なんかiPhoneが生きているみたい!

iPhoneに足が生えて、今にも動き出しそうです笑。

てか動いてくれ。もはやなんかカワイイ笑。

こんな感じで、足をぐにゃぐにゃ動かすことが出来ます。タコみたいですね。

写真 2015-04-03 13 11 03
名前は「ジョビー」です。可愛がってやって下さい。

やばい。ここから何か始まりそうです笑。

あぁ、『ノリロウ戦記』のようなことになりかねない笑。(※ノリロウ戦記は僕の大好きなブログです。変な意味ではないです。)

ちなみに、写真のiPhoneは「iPhone4」です。(なぜ「4」かというと、黒いiPhoneがこれしかなかったからです…。白いiPhoneも装着してみたのですが、黒いiPhoneの方が色の統一感があり、かっこよく見えました。)

では、実際に撮影を行ってみましょう!!

ゴリラポッドiPhoneでダンボーを撮影!
今回はダンボーの撮影を行ってみたいと思います。

ゴリラポッドiPhoneでダンボーを撮影!
iPhoneの画面をコチラ側に向けると、しっかり被写体を確認することが出来ます。

非常にいい感じですね!!

ダンボーとiPhoneの出会い。
「ダンボーとiPhoneの出会い。」

季節は春ですね。

なんかこの写真がたまりません笑。

ゴリラポッドを使用する際の2つの注意点

と、ココでゴリラポッドを使用する上で、注意しなければいけないことをメモしておきます。

①水平台がないので、水平をとるのに少し時間が掛かる

ゴリラポッドの足が、くねくね動くのがこのゴリラポッドの良いところです。

しかし、くねくね動きすぎるが故に、ピッタリと水平をあわせるのに少し時間がかかります。

iPhoneの写真アプリでは、「グリッド」をオンにしておくことをオススメします。

グリッドとは、iPhoneカメラに表示される線のことです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

②撮影の際、iPhoneに直接触れると、写真がブレそうになる

ゴリラポッドにマウントしたままシャッターだけ押すと、シャッターを押す力によって若干ですがiPhoneが動きます。

これは手ブレになってしまうので、ゴリラポッドを使って撮影をする場合は、セルフタイマーを利用するのがオススメです。セルフタイマーの設定方法は以下のリンクを参照下さい。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!

iPhoneのミニ三脚の購入を考えている方には、是非オススメの商品です。

これで旅行先に行っても、一人で「横不動」の自撮りをすることが出来そうですね。

ゴリラポッドをiPhoneに装着すると、iPhoneがまるで生きているかのようになってしまいました。iPhone好きの僕にとっては、非常にストライクな商品です笑。

カバンに入れても、かさばらないので非常に持ち運びにも適しております。これからは、ゴリラポッドにお世話になる日々が続きそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

一人旅で色んな場所を訪れる際に、あったらいいなぁと感じるのがカメラ用の三脚。

風景ばかりの撮影も素敵ですが、1枚くらいは自分込みの写真が欲しいですよね。

他人に撮影をお願いするのもなかなか気が引けるし、自分の好きなタイミングや画角で撮影したかったりと、そう感じている方も多いはず。

そこで先日、JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(以下、ゴリラポッド)を購入しました。

これは、iPhoneなどのスマートフォンや、コンパクトデジカメなどの小さなカメラを使用するには、持ってこいの三脚です。

これから購入を考えている方のために、商品のレビューと感想をまとめておきます。

スポンサーリンク

JOBY ゴリラポッドについて

JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド)のパッケージ
パッケージはこんな感じです。

梅田のヨドバシカメラで3500円くらいで購入しました。

JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド) 4色展開
ゴリラポッドのカラーリングは、4色展開になっています。チャコールグレー、スカイブルー、バイオレットピンク、ライムグリーンです。

今回は、チャコールグレーを購入しました。

JOBY ゴリラポッドをいざ開封!!

JOBYの「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド)
パッケージから出して、組み立ててみるとこんな感じです。シックな感じのグレイがいい感じです。

総重量はおよそ67gと非常に軽いので、カバンに入れて持ち運ぶことも簡単です。

ゴリラポッドとグリップタイト
この商品は、スマートフォン用のゴリラポッドです。そのため、スマートフォンを装着できるように、グリップタイトというパーツが付属しています。

ゴリラポッドとグリップタイトを、それぞれ分けてみました。ゴリラポッド自体は、通常のスマホ対応でないゴリラポッドと同じ形状です。

ゴリラポッドについて

ゴリラポッドについて

ゴリラポッド本体のみの重さは、およそ40gほどです。

足がくねくねと曲がるので、好きな形にすることも自由自在です。

手すりやフェンス、木の枝など色んな場所に取り付けることが可能になっているため、アクロバティックな撮影を行うことが出来ます。

ゴリラポッドのミニ三脚
ゴリラポッドの先端部分は、ネジ式になっています。コンデジなどはくるくると回して装着します。

最大カメラ搭載重量は325gまでとなっているため、一眼レフなどの本格的なカメラには対応していません。あくまでも、趣味用という感じですね。

ゴリラポッドのグリップタイトについて

ゴリラポッドのグリップタイト
こちらが、ゴリラポッドのグリップタイトです。

パーツの下の部分がネジ式になっており、回すと簡単にゴリラポッドから外すことが出来ます。

ゴリラポッドのグリップタイト
グリップタイトは、引っ張ると伸びる仕組みになっています。バネの力がけっこう強いため、挟んだiPhoneもガッチリ抑えこんでくれます。

グリップタイトでiPhone4を挟んだ写真
iPhone4を挟んでみると、こんな感じです。グリップが安定しているため、落ちる心配はしなくて大丈夫そうです。

iPhone5をグリップタイトで挟んだ写真
iPhone5も問題なく、挟み込んでくれます。

iPhone6とゴリラポッド
こちらは、iPhone6です。こちらも問題なく使用可能です。

グリップタイトは、幅54~72mmまでのスマートフォンに対応しています。iPhone6だとApple純正カバーを装着していても、使用可能です。現在、僕は純正カバーを装着したiPhone6を使用していますが、問題なく使えています。

【注意】ちなみにこの商品は、iPhone6 Plusには対応しておりません。別途パーツを購入する必要があります。

さぁ、ゴリラポッドにiPhoneを装着してみよう!!

ゴリラポッドにiPhoneを装着!!
それでは、ゴリラポッドにiPhoneを装着してみましょう!!

JOBY「GripTight GorillaPod Stand」(ゴリラポッド)とiPhone4
iPhoneくらいの軽さのものなら、ゴリラポッドの三脚自体はびくともしません。非常に安定して自立しています。

なんかiPhoneが生きているみたい!!
なんかiPhoneが生きているみたい!

iPhoneに足が生えて、今にも動き出しそうです笑。

てか動いてくれ。もはやなんかカワイイ笑。

こんな感じで、足をぐにゃぐにゃ動かすことが出来ます。タコみたいですね。

写真 2015-04-03 13 11 03
名前は「ジョビー」です。可愛がってやって下さい。

やばい。ここから何か始まりそうです笑。

あぁ、『ノリロウ戦記』のようなことになりかねない笑。(※ノリロウ戦記は僕の大好きなブログです。変な意味ではないです。)

ちなみに、写真のiPhoneは「iPhone4」です。(なぜ「4」かというと、黒いiPhoneがこれしかなかったからです…。白いiPhoneも装着してみたのですが、黒いiPhoneの方が色の統一感があり、かっこよく見えました。)

では、実際に撮影を行ってみましょう!!

ゴリラポッドiPhoneでダンボーを撮影!
今回はダンボーの撮影を行ってみたいと思います。

ゴリラポッドiPhoneでダンボーを撮影!
iPhoneの画面をコチラ側に向けると、しっかり被写体を確認することが出来ます。

非常にいい感じですね!!

ダンボーとiPhoneの出会い。
「ダンボーとiPhoneの出会い。」

季節は春ですね。

なんかこの写真がたまりません笑。

ゴリラポッドを使用する際の2つの注意点

と、ココでゴリラポッドを使用する上で、注意しなければいけないことをメモしておきます。

①水平台がないので、水平をとるのに少し時間が掛かる

ゴリラポッドの足が、くねくね動くのがこのゴリラポッドの良いところです。

しかし、くねくね動きすぎるが故に、ピッタリと水平をあわせるのに少し時間がかかります。

iPhoneの写真アプリでは、「グリッド」をオンにしておくことをオススメします。

グリッドとは、iPhoneカメラに表示される線のことです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

②撮影の際、iPhoneに直接触れると、写真がブレそうになる

ゴリラポッドにマウントしたままシャッターだけ押すと、シャッターを押す力によって若干ですがiPhoneが動きます。

これは手ブレになってしまうので、ゴリラポッドを使って撮影をする場合は、セルフタイマーを利用するのがオススメです。セルフタイマーの設定方法は以下のリンクを参照下さい。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!

iPhoneのミニ三脚の購入を考えている方には、是非オススメの商品です。

これで旅行先に行っても、一人で「横不動」の自撮りをすることが出来そうですね。

ゴリラポッドをiPhoneに装着すると、iPhoneがまるで生きているかのようになってしまいました。iPhone好きの僕にとっては、非常にストライクな商品です笑。

カバンに入れても、かさばらないので非常に持ち運びにも適しております。これからは、ゴリラポッドにお世話になる日々が続きそうです。

スポンサード リンク