現役ヒッチハイカーが語るヒッチハイクあるある100選!!

スポンサード リンク

ヒッチハイク最高!!ヒッチハイクは神!!ヒッチハイクは正義!!

僕の人生を変えた出来事の一つに「ヒッチハイクに出会ってしまった。」ということがあります。約3週間かけて日本中をヒッチハイクで巡っています。

僕はヒッチハイクから本当に色んなことを学びました。その中でも最も大事なのは「人間って死なない限り、挑戦すれば意外と何でも出来るんだな」ってことです。

僕はそれに気付けたことで、これから残りの人生が間違いなく180度変わるでしょう。

そんな僕の人生を変えたヒッチハイクですが、ヒッチハイカー同士で会うと「ヒッチハイクあるある」で非常に盛り上がります。今回の記事では、僕が感じたヒッチハイクあるある100選をまとめて紹介します。

ヒッチハイク経験者もそうじゃない方も、是非一度目を通してみてくださいね!それでは紹介していきましょう!!

スポンサーリンク

現役ヒッチハイカーが語る!究極のヒッチハイクあるある100選!!

ヒッチハイクをしていて思ったことあるある

1. 思った以上に乗せてくれる人が多い。

2. 乗せてくれる人は魅力的で変わった人が多い。

3. そして超親切な人が多い。

4. 短い距離でも乗せてくれる人は神。

5. 乗せてくれる人は社長さんが結構多い。

6. とりあえず高速、そしてSA・PAに入れた時の安心感がハンパない。

7. Google Mapsは神アプリ。もはやそれ以外いらない。

8. ヒッチハイクは遠くに行けば行くほど面白くなる。

9. 友達と2人でヒッチハイクをするのも楽しい!!

10. トラックは規制が厳しくなってほとんど乗せてくれない。だから乗れた時の感動は異常。

11. ご飯の差し入れとか感謝でしかない。

12. ヒッチハイク中、車が停まってくれたと思ったら、ただただ停車しただけだったときの絶望感は計り知れない。

13. どんなに面白い人でも3時間くらいしゃべるのが限界。

14. トラックの荷台に忍び込んでやろうかと思うときがある。

15. ヒッチハイカー同士で出会ったときの盛り上がりは異常。

16. 「ヒッチハイクでこんなところまで来た自分ってすげーな」とか心のどこかで思っている。

17. 乗せてくれた人に対する感謝は一生忘れない。

18. 空が暗くなってきて、宿が決まってないと焦る。

19. 野宿は最終手段。

20. 漫画喫茶に泊まると、なぜか負けた感がある。あとビジネスホテルとカプセルホテルも同じ。

21. 公園で野宿するときは、寒さと虫との戦い。

22. とりあえずシャワーとスマホの充電、寝る場所の確保だけはさせてくださいと常に思っている。

23. 旅が終わると一皮向けた人間になれると思っている。

24. 電源コンセントとWifiのあるカフェは神。

25. ブログに書きたいことが山ほど増える。

26. 田舎から都会に一気に移動すると、ビル群の凄さに改めて感動する。

27. やっぱり田舎の方がいいなぁと感じる。でも、都会の方が便利だなぁとも感じる。

28. ヒッチハイクの魅力について3時間くらい語れる自信がある。でも実際には話せない。自信だけ。

ヒッチハイクを通じて学んだことあるある

29. 今後、間違いなく物や人に対する接し方とか人生観が変わる。

30. 色んなものの価値観が変わる。

31. やればどうにでもなるということに気づく。でもそれって人生そのものにも通じるなぁとも気づく。

32. 東北地方の東日本大震災の被災地には必ず行っておくべき。

33. 自分が運転しているときにヒッチハイカーを見つけたら、絶対に乗せてあげようと思う。

34. 地理にめちゃくちゃ詳しくなる。県民性とかもめちゃくちゃ詳しくなる。

35. 名産や名物にもめちゃくちゃ詳しくなる。ナンバープレートも。

36. あと観光スポットもめちゃくちゃ詳しくなる。てか乗せてくれた人が色々教えてくれる。

37. ゲストハウスの魅力に気づく。

38. でもそれよりも、リバ邸が神だと気づく。

39. スケッチブックに書く「どこでも」はこの上ない最強ワード。

40. 「可愛い子には旅をさせろ」という諺の意味が理解できる。

41. 時事ニュースや天気予報はチェックしなくても、乗せてくれた人が教えてくれる。

42. 旅先での恋愛とかも期待してるけどなかなかないのが現実。

43. おれってやっぱりなんでも出来るんだなという痛い勘違いに陥りやすい。

44. 今まで気付かなかった町の魅力を発見できる。

ヒッチハイクでついやってしまったことあるある

45. 全く気付かずに、反対車線でヒッチハイクをしていたことがある。

46. とりあえずIC付近まで歩く。

47. Ingressの経験値がかなり稼げる。

48. 親には「ちょっと友達に会って来るだけ」と言って家を出発する。

49. twitterのハッシュタグ #ヒッチハイク は常にチェックしている。

50. 素敵な観光地があるとついつい寄り道してしまう。

51. 腹ごしらえは吉野家の牛丼。

52. 昔の友達に会いたくなって、突然会いに行く。

53. すぐスマホの通信制限地獄に陥る。

54. あっという間に貯金がなくなる。

55. 家に帰りたくなくなる。

56. 実は旅先でやり残したことが、まだまだたくさんある。

57. 一日でとんでもない距離を移動していることがある。

58. 一気に目的地に着いてしまうときは、敢えて途中で降ろしてもらう。

59. ヒッチハイクで乗せてくれた人とSNSでつながりを持つと結構交流する。

60. 「これテレビ?」って聞かれる。

61. 乗せてもらったら、絶対に寝ない!と思っていても寝ていたことがある。

62. そのつもりはなくても「お金ないんです」と言うとジュースや食べ物をくれる。

63. 日本一周自転車旅をしている人とよくすれ違う。

64. そのときはお互いにアイコンタクトをする。

65. iPhoneのカメラで無駄に写真を撮影している。

66. いい画質の一眼レフカメラとかが欲しくなる。

67. 「大学生?」とよく聞かれる。

68. 時間が経つのがめちゃくちゃ早い。

69. 東京から地方に出発するときは苦労する。

70. 大体の目的地は決めるけど、細かいスケジュールは立てない。

71. お土産をついつい多く買ってしまう。

72. ヒッチハイク旅に挑戦した理由の一つに映画「イントゥザワイルド」に影響されたというのがある。

73. ヒッチハイク旅に挑戦した理由の一つに映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」に影響されたというのがある。

ヒッチハイクの持ち物あるある

74. スケッチブックとマジックさえあればOK!!

75. 最初は白黒だったスケッチブックがいつの間にかカラフルになる。

76. スケッチブックにはmarumanのA3サイズというこだわりがある。

77. 旅先で大きいサイズのスケッチブックが売っていない。

78. マジックのインクがすぐに切れる。

79. 無駄に旅人っぽい格好や服装をする。

80. 速乾性タオルが便利すぎる。

81. モバイルバッテリーは必須アイテム。

82. とりあえず登山用のデカめのザックを買う。

83. ダイソーでヒッチハイクに必要な色んなグッズを買うことができる。

84. 自転車が欲しいと感じるときがある。

85. 常備しているパソコンはもちろんMacBook Air。

86. 徒歩移動の際はオーディオプレーヤーが唯一の友達。

87. 冬に限らず小さくなるダウンジャケットを持ってる方がいい。

88. 懐中電灯は夜のヒッチハイクに必須アイテム。

89. 折り畳み傘も必ず必要なアイテム。

90. iPhoneの充電コードを失くしたときの絶望感がハンパない。

91. 旅人のイメージから十徳ナイフを購入したが使用するタイミングがない。

92. 旅人のイメージからコンパスを購入したが使用するタイミングがない。

93. 絆創膏や各種薬は持ってるだけで超安心する。

94. Gore-texのレインジャケットは100%必要な装備アイテム。

95. 圧縮袋の便利さに気づく。

96. Goproが欲しくなる。

97. 観光パンフレットを購入しても、その観光地を離れるとただの荷物になってしまう。けど捨てられない。

98. いつの間にか荷物が増えている。

99. ユニクロのヒートテックや速乾性ポロシャツが便利すぎる。

100. ヒッチハイクのメモや記録をあとで見返すほど幸せなことはない。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!!

いかがだったでしょうか??現役ヒッチハイカーによるヒッチハイクあるある100選でした!!

書いていると次から次へと出てくるので、気づけば100個になっていました笑。

僕はまだヒッチハイク旅の途中なので、ヒッチハイク旅が完全に終わったら、また新しい発見や気付きなどがあるのかもしれませんね。そのときはまた改めて記事を書きます。

ここに書いたこと以外にもあなたが感じた「ヒッチハイクあるある」があれば是非、教えてください!!よろしくお願いします!!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ヒッチハイク最高!!ヒッチハイクは神!!ヒッチハイクは正義!!

僕の人生を変えた出来事の一つに「ヒッチハイクに出会ってしまった。」ということがあります。約3週間かけて日本中をヒッチハイクで巡っています。

僕はヒッチハイクから本当に色んなことを学びました。その中でも最も大事なのは「人間って死なない限り、挑戦すれば意外と何でも出来るんだな」ってことです。

僕はそれに気付けたことで、これから残りの人生が間違いなく180度変わるでしょう。

そんな僕の人生を変えたヒッチハイクですが、ヒッチハイカー同士で会うと「ヒッチハイクあるある」で非常に盛り上がります。今回の記事では、僕が感じたヒッチハイクあるある100選をまとめて紹介します。

ヒッチハイク経験者もそうじゃない方も、是非一度目を通してみてくださいね!それでは紹介していきましょう!!

スポンサーリンク

現役ヒッチハイカーが語る!究極のヒッチハイクあるある100選!!

ヒッチハイクをしていて思ったことあるある

1. 思った以上に乗せてくれる人が多い。

2. 乗せてくれる人は魅力的で変わった人が多い。

3. そして超親切な人が多い。

4. 短い距離でも乗せてくれる人は神。

5. 乗せてくれる人は社長さんが結構多い。

6. とりあえず高速、そしてSA・PAに入れた時の安心感がハンパない。

7. Google Mapsは神アプリ。もはやそれ以外いらない。

8. ヒッチハイクは遠くに行けば行くほど面白くなる。

9. 友達と2人でヒッチハイクをするのも楽しい!!

10. トラックは規制が厳しくなってほとんど乗せてくれない。だから乗れた時の感動は異常。

11. ご飯の差し入れとか感謝でしかない。

12. ヒッチハイク中、車が停まってくれたと思ったら、ただただ停車しただけだったときの絶望感は計り知れない。

13. どんなに面白い人でも3時間くらいしゃべるのが限界。

14. トラックの荷台に忍び込んでやろうかと思うときがある。

15. ヒッチハイカー同士で出会ったときの盛り上がりは異常。

16. 「ヒッチハイクでこんなところまで来た自分ってすげーな」とか心のどこかで思っている。

17. 乗せてくれた人に対する感謝は一生忘れない。

18. 空が暗くなってきて、宿が決まってないと焦る。

19. 野宿は最終手段。

20. 漫画喫茶に泊まると、なぜか負けた感がある。あとビジネスホテルとカプセルホテルも同じ。

21. 公園で野宿するときは、寒さと虫との戦い。

22. とりあえずシャワーとスマホの充電、寝る場所の確保だけはさせてくださいと常に思っている。

23. 旅が終わると一皮向けた人間になれると思っている。

24. 電源コンセントとWifiのあるカフェは神。

25. ブログに書きたいことが山ほど増える。

26. 田舎から都会に一気に移動すると、ビル群の凄さに改めて感動する。

27. やっぱり田舎の方がいいなぁと感じる。でも、都会の方が便利だなぁとも感じる。

28. ヒッチハイクの魅力について3時間くらい語れる自信がある。でも実際には話せない。自信だけ。

ヒッチハイクを通じて学んだことあるある

29. 今後、間違いなく物や人に対する接し方とか人生観が変わる。

30. 色んなものの価値観が変わる。

31. やればどうにでもなるということに気づく。でもそれって人生そのものにも通じるなぁとも気づく。

32. 東北地方の東日本大震災の被災地には必ず行っておくべき。

33. 自分が運転しているときにヒッチハイカーを見つけたら、絶対に乗せてあげようと思う。

34. 地理にめちゃくちゃ詳しくなる。県民性とかもめちゃくちゃ詳しくなる。

35. 名産や名物にもめちゃくちゃ詳しくなる。ナンバープレートも。

36. あと観光スポットもめちゃくちゃ詳しくなる。てか乗せてくれた人が色々教えてくれる。

37. ゲストハウスの魅力に気づく。

38. でもそれよりも、リバ邸が神だと気づく。

39. スケッチブックに書く「どこでも」はこの上ない最強ワード。

40. 「可愛い子には旅をさせろ」という諺の意味が理解できる。

41. 時事ニュースや天気予報はチェックしなくても、乗せてくれた人が教えてくれる。

42. 旅先での恋愛とかも期待してるけどなかなかないのが現実。

43. おれってやっぱりなんでも出来るんだなという痛い勘違いに陥りやすい。

44. 今まで気付かなかった町の魅力を発見できる。

ヒッチハイクでついやってしまったことあるある

45. 全く気付かずに、反対車線でヒッチハイクをしていたことがある。

46. とりあえずIC付近まで歩く。

47. Ingressの経験値がかなり稼げる。

48. 親には「ちょっと友達に会って来るだけ」と言って家を出発する。

49. twitterのハッシュタグ #ヒッチハイク は常にチェックしている。

50. 素敵な観光地があるとついつい寄り道してしまう。

51. 腹ごしらえは吉野家の牛丼。

52. 昔の友達に会いたくなって、突然会いに行く。

53. すぐスマホの通信制限地獄に陥る。

54. あっという間に貯金がなくなる。

55. 家に帰りたくなくなる。

56. 実は旅先でやり残したことが、まだまだたくさんある。

57. 一日でとんでもない距離を移動していることがある。

58. 一気に目的地に着いてしまうときは、敢えて途中で降ろしてもらう。

59. ヒッチハイクで乗せてくれた人とSNSでつながりを持つと結構交流する。

60. 「これテレビ?」って聞かれる。

61. 乗せてもらったら、絶対に寝ない!と思っていても寝ていたことがある。

62. そのつもりはなくても「お金ないんです」と言うとジュースや食べ物をくれる。

63. 日本一周自転車旅をしている人とよくすれ違う。

64. そのときはお互いにアイコンタクトをする。

65. iPhoneのカメラで無駄に写真を撮影している。

66. いい画質の一眼レフカメラとかが欲しくなる。

67. 「大学生?」とよく聞かれる。

68. 時間が経つのがめちゃくちゃ早い。

69. 東京から地方に出発するときは苦労する。

70. 大体の目的地は決めるけど、細かいスケジュールは立てない。

71. お土産をついつい多く買ってしまう。

72. ヒッチハイク旅に挑戦した理由の一つに映画「イントゥザワイルド」に影響されたというのがある。

73. ヒッチハイク旅に挑戦した理由の一つに映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」に影響されたというのがある。

ヒッチハイクの持ち物あるある

74. スケッチブックとマジックさえあればOK!!

75. 最初は白黒だったスケッチブックがいつの間にかカラフルになる。

76. スケッチブックにはmarumanのA3サイズというこだわりがある。

77. 旅先で大きいサイズのスケッチブックが売っていない。

78. マジックのインクがすぐに切れる。

79. 無駄に旅人っぽい格好や服装をする。

80. 速乾性タオルが便利すぎる。

81. モバイルバッテリーは必須アイテム。

82. とりあえず登山用のデカめのザックを買う。

83. ダイソーでヒッチハイクに必要な色んなグッズを買うことができる。

84. 自転車が欲しいと感じるときがある。

85. 常備しているパソコンはもちろんMacBook Air。

86. 徒歩移動の際はオーディオプレーヤーが唯一の友達。

87. 冬に限らず小さくなるダウンジャケットを持ってる方がいい。

88. 懐中電灯は夜のヒッチハイクに必須アイテム。

89. 折り畳み傘も必ず必要なアイテム。

90. iPhoneの充電コードを失くしたときの絶望感がハンパない。

91. 旅人のイメージから十徳ナイフを購入したが使用するタイミングがない。

92. 旅人のイメージからコンパスを購入したが使用するタイミングがない。

93. 絆創膏や各種薬は持ってるだけで超安心する。

94. Gore-texのレインジャケットは100%必要な装備アイテム。

95. 圧縮袋の便利さに気づく。

96. Goproが欲しくなる。

97. 観光パンフレットを購入しても、その観光地を離れるとただの荷物になってしまう。けど捨てられない。

98. いつの間にか荷物が増えている。

99. ユニクロのヒートテックや速乾性ポロシャツが便利すぎる。

100. ヒッチハイクのメモや記録をあとで見返すほど幸せなことはない。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!!

いかがだったでしょうか??現役ヒッチハイカーによるヒッチハイクあるある100選でした!!

書いていると次から次へと出てくるので、気づけば100個になっていました笑。

僕はまだヒッチハイク旅の途中なので、ヒッチハイク旅が完全に終わったら、また新しい発見や気付きなどがあるのかもしれませんね。そのときはまた改めて記事を書きます。

ここに書いたこと以外にもあなたが感じた「ヒッチハイクあるある」があれば是非、教えてください!!よろしくお願いします!!

スポンサード リンク