僕の手相が100万人に一人の逸材だと言われる最強の6つの線!

スポンサード リンク

どうも、つじもん@iTsujimonです。

突然ですが、あなたは「占い」を信じますか??

僕はこう見えて「占い」がめちゃくちゃ好きです。

「星座占い」から「誕生日占い」、「六星占術」や「姓名判断」など、この世には様々な占いがあります。僕はその中でも特に手相占いが好きです。

なぜなら、手相占いを診てもらうと、ほぼ100%の確率ですげー褒められるからです。

どうやら僕の手相には、いわゆる「最強の手相」や「あると幸せになれるという線」がたくさんあるそうです。

僕の手相を診断してもらうと、いつも手相占い師の方が引くくらいビックリします。それほどまでに僕の手相は珍しいんだそう。

先日も久しぶりに手相占いをしてもらったら、超褒められました。「うわー!!なんだこれー!?君すげーなおい!!」みたいな。

超うれしくて、どうしても人に言いたくなったので、ブログを通じて自慢します笑。

スポンサーリンク

僕の手相が100万人に一人の逸材だと言われる最強の6つの線

1. 努力と運で人生を切り開ける『太い運命線』

1. 努力と運で人生を切り開ける『太い運命線』


まず僕の手相で最も褒められるのが、強烈なまでに力強く伸びている「運命線」。

あの歴史上の人物「徳川家康」の手相にも存在したと言われています。

この「太い運命線」を持つ人は、周りの環境に関わらず、日々精一杯努力し、充実した人生を送ることが出来るそうです。

また、自己の才能や実力を最大限に発揮出来る人でもあります。

自分にそれなりの自信、実力があるため、独自の人生を歩む人も多いそう。

およそ100人に一人の確率で、この手相を持っている人がいる確率なんだとか。

そんな手相が、僕の両手にあるのです。なので、占い師の方に両手を見せた瞬間にいつもすげー驚かれます笑。

2. 天下取りの手相とも呼ばれる『ますかけ線』

2. 天下取りの手相とも呼ばれる『ますかけ線』


ますかけ線とは、生命線からまっすぐに伸びる線です。

この線を持っている人は、強運の持ち主で、人を引きつける魅力があり、大成功するという物凄い線。また、強情で融通の利かない一面も持っています。

『猿線』、『百握り』とも呼ばれ、つかんだ運は絶対に離さないんだそう

ますかけ線を持つ大多数の人は、良くも悪くも波瀾万丈の人生を送る人が多いようです。

両手共にますかけ線を持っている方は、そうそういないんだそうです。僕は右手にだけ、ますかけ線があります。

歴史上の有名な人物である、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は3人とも、ますかけ線をだったそうです。

この線も、およそ100人に一人の確率で、この手相を持っている人がいるそう。

3. カリスマ性や鋭い洞察力を持つという『ソロモンの環』

3. カリスマ性や鋭い洞察力を持つという『ソロモンの環』


ソロモンの環とは、人差し指の付け根の部分に輪っかのように刻まれる線のことです。

かの偉大なソロモン王にあった手相として知られ、強力な運勢を引き寄せると言われています。

この線がある人は、頭脳明晰で、それに伴い実力も十分に兼ね備えており、起業などすると巨万の富を得られる方も多いそうです。

またカリスマ性があり、リーダーシップや深い洞察力も持っており、周囲の人達を率いる能力に優れているので、多くのサポートを得られるんだそう。

また、非常に直感力が優れており、いわゆる第六感の力が宿っている人が多いのも特徴の一つです。

この線は非常に珍しいらしく、1000人に一人しか持っていない珍しい手相だと言われています。

4. 何でも願い事が叶うという『希望線』

4. 何でも願い事が叶うという『希望線』


希望線は、生命線の起点あたりから、人差し指の付け根に向かって伸びる線です。

「上昇線」や「努力線」とも呼ばれています。

この線が現れるのは、夢や希望を持って努力を続ける人です。

この線が1、2本と長くはっきり現れていると、夢や希望が実現するようになります。

☓印で現れると強い意志を表し、#型の形に刻まれている場合は、人に何かを教える教師など教える立場になることを、表しているそうです。

僕は左手に数本あり、右手に☓印の希望線があります。希望に満ちあふれている人生を送っているかは微妙ですが、向上心はそこそこある気がします。

5. 御先祖様や神仏から守られている『神秘十字線』

5. 御先祖様や神仏から守られている『神秘十字線』


神秘十字線とは、手のひらで十字になっている線のことです。

感情線から知能線に向かって伸びる横線とそれを縦に伸びる運命線が交差してできた十字型の手相のこと。

実は、僕にはこの線が左手にくっきりと2つあります笑。

この線を持っている人も直感や霊感が強いと言われています。

また、ご先祖様にしっかりと守られていて、知らず知らずのうちに、事故を回避出来たり、もし事故に遭ったとしても、不思議と無傷だったりします。

たしかに、第六感・直感があるのでこれは当たっているのかもしれません。

6. 超能力・霊感の持ち主に現れる『仏眼相』

6. 超能力・霊感の持ち主に現れる『仏眼相』


仏眼相とは、親指の第一関節に現れる、目のような手相です。

目の形になっていることから、ある種の超能力・霊能力の持ち主であること、また記憶力が良い人に現れると言われています。

僕は両手がどちらも仏眼相になっています。

両手とも仏眼になっている人はなかなか珍しいらしく、直感力などが数倍以上あるそうです。

記憶力に関しては、あまり自信がないですが、いわゆる第六感というか直感に関しては、人よりもあると自負しています。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

『僕の手相が100万人に一人の逸材だと言われる最強の6つの線』でした!!

僕の手には

  • 太い運命線
  • ますかけ線
  • ソロモンの環
  • 希望線
  • 神秘十字線
  • 仏眼相

という珍しくてラッキーな線がたくさんあります。

ちなみに100万人というのは、運命線(100人に一人)とますかけ線(100人に一人)とソロモン線(1000人に一人)の数を掛けて出した数字です。

僕または私の方がもっとスゴイ!!という方がいれば、是非教えて下さいね!!

それでは!!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

どうも、つじもん@iTsujimonです。

突然ですが、あなたは「占い」を信じますか??

僕はこう見えて「占い」がめちゃくちゃ好きです。

「星座占い」から「誕生日占い」、「六星占術」や「姓名判断」など、この世には様々な占いがあります。僕はその中でも特に手相占いが好きです。

なぜなら、手相占いを診てもらうと、ほぼ100%の確率ですげー褒められるからです。

どうやら僕の手相には、いわゆる「最強の手相」や「あると幸せになれるという線」がたくさんあるそうです。

僕の手相を診断してもらうと、いつも手相占い師の方が引くくらいビックリします。それほどまでに僕の手相は珍しいんだそう。

先日も久しぶりに手相占いをしてもらったら、超褒められました。「うわー!!なんだこれー!?君すげーなおい!!」みたいな。

超うれしくて、どうしても人に言いたくなったので、ブログを通じて自慢します笑。

スポンサーリンク

僕の手相が100万人に一人の逸材だと言われる最強の6つの線

1. 努力と運で人生を切り開ける『太い運命線』

1. 努力と運で人生を切り開ける『太い運命線』


まず僕の手相で最も褒められるのが、強烈なまでに力強く伸びている「運命線」。

あの歴史上の人物「徳川家康」の手相にも存在したと言われています。

この「太い運命線」を持つ人は、周りの環境に関わらず、日々精一杯努力し、充実した人生を送ることが出来るそうです。

また、自己の才能や実力を最大限に発揮出来る人でもあります。

自分にそれなりの自信、実力があるため、独自の人生を歩む人も多いそう。

およそ100人に一人の確率で、この手相を持っている人がいる確率なんだとか。

そんな手相が、僕の両手にあるのです。なので、占い師の方に両手を見せた瞬間にいつもすげー驚かれます笑。

2. 天下取りの手相とも呼ばれる『ますかけ線』

2. 天下取りの手相とも呼ばれる『ますかけ線』


ますかけ線とは、生命線からまっすぐに伸びる線です。

この線を持っている人は、強運の持ち主で、人を引きつける魅力があり、大成功するという物凄い線。また、強情で融通の利かない一面も持っています。

『猿線』、『百握り』とも呼ばれ、つかんだ運は絶対に離さないんだそう

ますかけ線を持つ大多数の人は、良くも悪くも波瀾万丈の人生を送る人が多いようです。

両手共にますかけ線を持っている方は、そうそういないんだそうです。僕は右手にだけ、ますかけ線があります。

歴史上の有名な人物である、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は3人とも、ますかけ線をだったそうです。

この線も、およそ100人に一人の確率で、この手相を持っている人がいるそう。

3. カリスマ性や鋭い洞察力を持つという『ソロモンの環』

3. カリスマ性や鋭い洞察力を持つという『ソロモンの環』


ソロモンの環とは、人差し指の付け根の部分に輪っかのように刻まれる線のことです。

かの偉大なソロモン王にあった手相として知られ、強力な運勢を引き寄せると言われています。

この線がある人は、頭脳明晰で、それに伴い実力も十分に兼ね備えており、起業などすると巨万の富を得られる方も多いそうです。

またカリスマ性があり、リーダーシップや深い洞察力も持っており、周囲の人達を率いる能力に優れているので、多くのサポートを得られるんだそう。

また、非常に直感力が優れており、いわゆる第六感の力が宿っている人が多いのも特徴の一つです。

この線は非常に珍しいらしく、1000人に一人しか持っていない珍しい手相だと言われています。

4. 何でも願い事が叶うという『希望線』

4. 何でも願い事が叶うという『希望線』


希望線は、生命線の起点あたりから、人差し指の付け根に向かって伸びる線です。

「上昇線」や「努力線」とも呼ばれています。

この線が現れるのは、夢や希望を持って努力を続ける人です。

この線が1、2本と長くはっきり現れていると、夢や希望が実現するようになります。

☓印で現れると強い意志を表し、#型の形に刻まれている場合は、人に何かを教える教師など教える立場になることを、表しているそうです。

僕は左手に数本あり、右手に☓印の希望線があります。希望に満ちあふれている人生を送っているかは微妙ですが、向上心はそこそこある気がします。

5. 御先祖様や神仏から守られている『神秘十字線』

5. 御先祖様や神仏から守られている『神秘十字線』


神秘十字線とは、手のひらで十字になっている線のことです。

感情線から知能線に向かって伸びる横線とそれを縦に伸びる運命線が交差してできた十字型の手相のこと。

実は、僕にはこの線が左手にくっきりと2つあります笑。

この線を持っている人も直感や霊感が強いと言われています。

また、ご先祖様にしっかりと守られていて、知らず知らずのうちに、事故を回避出来たり、もし事故に遭ったとしても、不思議と無傷だったりします。

たしかに、第六感・直感があるのでこれは当たっているのかもしれません。

6. 超能力・霊感の持ち主に現れる『仏眼相』

6. 超能力・霊感の持ち主に現れる『仏眼相』


仏眼相とは、親指の第一関節に現れる、目のような手相です。

目の形になっていることから、ある種の超能力・霊能力の持ち主であること、また記憶力が良い人に現れると言われています。

僕は両手がどちらも仏眼相になっています。

両手とも仏眼になっている人はなかなか珍しいらしく、直感力などが数倍以上あるそうです。

記憶力に関しては、あまり自信がないですが、いわゆる第六感というか直感に関しては、人よりもあると自負しています。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

『僕の手相が100万人に一人の逸材だと言われる最強の6つの線』でした!!

僕の手には

  • 太い運命線
  • ますかけ線
  • ソロモンの環
  • 希望線
  • 神秘十字線
  • 仏眼相

という珍しくてラッキーな線がたくさんあります。

ちなみに100万人というのは、運命線(100人に一人)とますかけ線(100人に一人)とソロモン線(1000人に一人)の数を掛けて出した数字です。

僕または私の方がもっとスゴイ!!という方がいれば、是非教えて下さいね!!

それでは!!

スポンサード リンク