【美人】株式会社LIGの編集者さえりさんが、めちょめちょ可愛すぎる件について

スポンサード リンク

東京の上野にあるクリエイティブなウェブ制作を行う株式会社LIG(リグ)

LIGは、面白くて尖った記事がネット上で話題を呼び人気に。月間500万PVを達成した超モンスターサイトを運営しています。Web界隈の人間なら知らない人はいない、そんな超有名サイトです。

先日そんなクリエイティブ集団のLIGに、めちゃくちゃ美人な編集者さんが入社していました。 (※現在は退職されて、フリーライターとして活躍中)

え?知らない?それは人生損してますよ。ぜひこの記事で確認してくださいね。

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

その名も夏生さえりさん。通称「さえりさん」です。

元気で活発そうな女性ですね。笑顔がステキ。笑顔がステキ。笑顔がステキ過ぎます。何かキラキラしていますね。ただらなぬオーラを感じました。

もはや天使です。天国からこの世界に落ちてきてしまったのでしょう。

ライターさんのお仕事もしているみたいで、1記事だけ公開されています。「文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント」 僕のように残念な文章力の方は要チェックです。

あまりにも可愛くてステキすぎるので、今回の記事では「天使さえりさん」を勝手に紹介します。

スポンサーリンク

株式会社LIGの編集者「さえりさん」について

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

一体どんな女性なのでしょうか。

LIGのサイトから「さえりさん」の自己紹介部分を引用します。

2015年入社。

編集者のさえりです。寝ている時以外は、いつも眠い女です。

雨の音と、他人の妊娠ブログと、あとはちょっぴりシュールなものたちが好きです。

できること:世界一だらけた休日を過ごす♡

LIG inc エディター さえりより

LIGのサイトに公表されている情報はこれくらいでした。“世界一だらけた休日”がかなり気になります。是非とも一緒に過ごしてみたいものです。

雨の音が好きということなので、僕のブログにも「雨の音」を貼っておきましょう。

これは僕がオススメしているリラックス効果のある雨音です。3時間ひたすら再生されます。

是非とも日頃の疲れを癒してください。これで間違いなくご本人も喜んでくれるはず。

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

最近入社されたこともあり「さえりさん」の情報はまだまだ少ないです。彼女が唯一書いている記事から、どのような女性なのかもう少し探ってみましょう。

想像力がたくましく、日々想像の世界へ逃避していますが、現実との境目はちゃんとあるタイプです。

LIG incより

なるほど。たしかにツイートを見る限り想像力の高さには驚かされます。詳細は後ほど。

かと言って、想像の世界と現実との境はちゃんとあるみたいです。しっかり者なのでしょう。結婚したら頼りになってくれるタイプですね。素晴らしい。僕の理想的な女性です。

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

わたしもまだまだ勉強中の身です。何かお気づきの点などございましたら、どしどしびしびしご指摘いただけますと幸いです。

LIG incより

LIGというスーパークリエイティブ集団にいるのにも関わらず、謙虚な姿勢に好感を覚えます。

人柄もなんとなく感じ取れますね。 とりあえず気づいたのは「さえりさん」がめちょめちょ可愛いということ。その点をどしどしびしびし指摘しておきます。

そもそも僕と「さえりさん」との出会いは??

株式会社LIGの編集者「さえりぐ」

【出典 LIG inc

「つじもん」と「さえりさん」の出会い。それはつい先日のことです。

僕のTwitterアカウントを、彼女がフォローしてくれたことから全てが始まりました。

そのときは何気なくフォローを返しただけだったのですが、

さえりさんのツイートがあまりにも無邪気で可愛かったので、惚れて気になってしまいました。

そう、それが全ての始まり。

僕と彼女がこの世で出会った歴史的な瞬間でした。

えぇ。残念ながら、まだ実際にお会いしたことはありませんよ。

ん? 何か問題でも?

可愛すぎる「さえりさん」のつぶやき

株式会社LIGの編集者「さえりぐ」

【出典 twitter】

ここからは僕がオススメする「さえりさん」のつぶやきを勝手に紹介していきます。(※一応、ご本人からの許可は頂きました。)

まだ彼女のことを誰も記事にしていなかったので、おそらく僕が一番ノリでしょう。初めての記事化。日本初。いや、世界初です。全国の男性諸君、すまない。彼女の初体験は僕がいただきます。

「さえりさん」のツイートは、どれも可愛くてふぁぼってしまうこと間違いなし。男性必見です。もちろん女性陣もお見逃しなく。

素敵すぎます。IT PARKですね。遊びに行きます。東京までだと新幹線で4時間くらいかかりますが、遊びに行きます。

誰だ…この女性…さえりさんとハグしてるのズルい。

このアングル…はれんちすぎる。さえりさん、警備員さんだけでなく僕とも仲良くしてください。

とりあえずTwitter社は、さえりさんに全力で謝るべき。

そんなことなら今週末、セブ島まで行ったのに。パスポート持ってないけど。

言うまでもなく、音速でふぁぼりましたケド何か??

LIGの大幅なPVアップの真の原因が判明しました。

本屋さんで大好きなマイナー小説家の最新作を見つけ、立ち読みしているさおりさんに「あの、これ落ちましたよ」と肩を叩き、そして「あと、その作家、僕も、大好きで」って照れながら心の頂点に達しながら言ってみたい。黒エプロンをつけた細身で背の高いメガネイケメン書店員は、奇跡的にどれも当てはまってません。

最高の笑顔。殿堂入りです。すごい無敵感。

「さえり・ローズ」ですね。分かりました。え?Sold outですか。あぁ残念です。残念過ぎます。すみません。OUKYさんお願いです。一生のお願いです。「さえり・ローズ」を再販してください。何卒。ーTSUJIMON × OUKY

これ代わりにやりたい。歌なんて唄えないけど。もはやその想像してる時間が楽しい。そこにこそお金で買えない価値がある。プライスレス。

コピー機前でのロマンスってなんかすごくいいです。僕もTwitter越しにらぶずっきゅん。いずれにせよ正義です。

こんな一面もあるんですね。らぶずっきゅん。

よし、いつかそんな夜にしてあげよう。らぶずっきゅん。

さえりさん、想像力たくましすぎ。らぶずっ(以下省略)

子ども時代は漫画とお笑い番組しか見てなかったので、今日から星の勉強します。

僕、Cカップ以下の人が好き。

はい、申し訳ございません。暗記しておきます。

なにこれワロタwww 女子アピールはうまくいかなかったとしても、それ以上に何かのアピールに成功しています。

浴衣でこそこそ、浴衣で浴衣で浴衣で…。よし、全部やりましょう。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

驚きました…。

奇遇ですね、ぼくもです。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

tsujimon

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!!

『【美人】株式会社LIGの編集者「さえりさん」がめちょめちょ可愛すぎる件について』でした。

さえりさんについてツイートしてたら、なんとご本人から返信が。

Twitterの素晴らしさを改めて実感。なんとも可愛いつぶやきでしょうか。もちろん光速でふぁぼりましたけど何か?

可愛い。可愛すぎる。

もはや天使。彼女は天使なのです。

僕には見えます。さえりさんの背中に生えている2枚の美しい翼と、頭上に光輝く天使の輪が。

何かの間違いで天国からこの世界に落ちてきてしまったのでしょう。

幸せです。僕は幸せです。生まれてきてよかったです。

この世はこれから楽園と呼ばれるでしょう。

プライスレスな時間にらぶずっきゅん。

ここまで読んでいただくとお分かりでしょうが、

僕はもはや手の施しようのない阿保としか言いようがない。

変態と呼ばれても仕方がない。

しかし!!

僕は、ここぞというときには、敢えて変態の汚名を着ることも辞さない男だ!!

この記事を書き切れたことを誇りに思う。

▼さえりさんが書いた本はコチラ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

東京の上野にあるクリエイティブなウェブ制作を行う株式会社LIG(リグ)

LIGは、面白くて尖った記事がネット上で話題を呼び人気に。月間500万PVを達成した超モンスターサイトを運営しています。Web界隈の人間なら知らない人はいない、そんな超有名サイトです。

先日そんなクリエイティブ集団のLIGに、めちゃくちゃ美人な編集者さんが入社していました。 (※現在は退職されて、フリーライターとして活躍中)

え?知らない?それは人生損してますよ。ぜひこの記事で確認してくださいね。

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

その名も夏生さえりさん。通称「さえりさん」です。

元気で活発そうな女性ですね。笑顔がステキ。笑顔がステキ。笑顔がステキ過ぎます。何かキラキラしていますね。ただらなぬオーラを感じました。

もはや天使です。天国からこの世界に落ちてきてしまったのでしょう。

ライターさんのお仕事もしているみたいで、1記事だけ公開されています。「文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント」 僕のように残念な文章力の方は要チェックです。

あまりにも可愛くてステキすぎるので、今回の記事では「天使さえりさん」を勝手に紹介します。

スポンサーリンク

株式会社LIGの編集者「さえりさん」について

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

一体どんな女性なのでしょうか。

LIGのサイトから「さえりさん」の自己紹介部分を引用します。

2015年入社。

編集者のさえりです。寝ている時以外は、いつも眠い女です。

雨の音と、他人の妊娠ブログと、あとはちょっぴりシュールなものたちが好きです。

できること:世界一だらけた休日を過ごす♡

LIG inc エディター さえりより

LIGのサイトに公表されている情報はこれくらいでした。“世界一だらけた休日”がかなり気になります。是非とも一緒に過ごしてみたいものです。

雨の音が好きということなので、僕のブログにも「雨の音」を貼っておきましょう。

これは僕がオススメしているリラックス効果のある雨音です。3時間ひたすら再生されます。

是非とも日頃の疲れを癒してください。これで間違いなくご本人も喜んでくれるはず。

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

最近入社されたこともあり「さえりさん」の情報はまだまだ少ないです。彼女が唯一書いている記事から、どのような女性なのかもう少し探ってみましょう。

想像力がたくましく、日々想像の世界へ逃避していますが、現実との境目はちゃんとあるタイプです。

LIG incより

なるほど。たしかにツイートを見る限り想像力の高さには驚かされます。詳細は後ほど。

かと言って、想像の世界と現実との境はちゃんとあるみたいです。しっかり者なのでしょう。結婚したら頼りになってくれるタイプですね。素晴らしい。僕の理想的な女性です。

株式会社LIGの編集者「さえりさん」

【出典 LIG inc

わたしもまだまだ勉強中の身です。何かお気づきの点などございましたら、どしどしびしびしご指摘いただけますと幸いです。

LIG incより

LIGというスーパークリエイティブ集団にいるのにも関わらず、謙虚な姿勢に好感を覚えます。

人柄もなんとなく感じ取れますね。 とりあえず気づいたのは「さえりさん」がめちょめちょ可愛いということ。その点をどしどしびしびし指摘しておきます。

そもそも僕と「さえりさん」との出会いは??

株式会社LIGの編集者「さえりぐ」

【出典 LIG inc

「つじもん」と「さえりさん」の出会い。それはつい先日のことです。

僕のTwitterアカウントを、彼女がフォローしてくれたことから全てが始まりました。

そのときは何気なくフォローを返しただけだったのですが、

さえりさんのツイートがあまりにも無邪気で可愛かったので、惚れて気になってしまいました。

そう、それが全ての始まり。

僕と彼女がこの世で出会った歴史的な瞬間でした。

えぇ。残念ながら、まだ実際にお会いしたことはありませんよ。

ん? 何か問題でも?

可愛すぎる「さえりさん」のつぶやき

株式会社LIGの編集者「さえりぐ」

【出典 twitter】

ここからは僕がオススメする「さえりさん」のつぶやきを勝手に紹介していきます。(※一応、ご本人からの許可は頂きました。)

まだ彼女のことを誰も記事にしていなかったので、おそらく僕が一番ノリでしょう。初めての記事化。日本初。いや、世界初です。全国の男性諸君、すまない。彼女の初体験は僕がいただきます。

「さえりさん」のツイートは、どれも可愛くてふぁぼってしまうこと間違いなし。男性必見です。もちろん女性陣もお見逃しなく。

素敵すぎます。IT PARKですね。遊びに行きます。東京までだと新幹線で4時間くらいかかりますが、遊びに行きます。

誰だ…この女性…さえりさんとハグしてるのズルい。

このアングル…はれんちすぎる。さえりさん、警備員さんだけでなく僕とも仲良くしてください。

とりあえずTwitter社は、さえりさんに全力で謝るべき。

そんなことなら今週末、セブ島まで行ったのに。パスポート持ってないけど。

言うまでもなく、音速でふぁぼりましたケド何か??

LIGの大幅なPVアップの真の原因が判明しました。

本屋さんで大好きなマイナー小説家の最新作を見つけ、立ち読みしているさおりさんに「あの、これ落ちましたよ」と肩を叩き、そして「あと、その作家、僕も、大好きで」って照れながら心の頂点に達しながら言ってみたい。黒エプロンをつけた細身で背の高いメガネイケメン書店員は、奇跡的にどれも当てはまってません。

最高の笑顔。殿堂入りです。すごい無敵感。

「さえり・ローズ」ですね。分かりました。え?Sold outですか。あぁ残念です。残念過ぎます。すみません。OUKYさんお願いです。一生のお願いです。「さえり・ローズ」を再販してください。何卒。ーTSUJIMON × OUKY

これ代わりにやりたい。歌なんて唄えないけど。もはやその想像してる時間が楽しい。そこにこそお金で買えない価値がある。プライスレス。

コピー機前でのロマンスってなんかすごくいいです。僕もTwitter越しにらぶずっきゅん。いずれにせよ正義です。

こんな一面もあるんですね。らぶずっきゅん。

よし、いつかそんな夜にしてあげよう。らぶずっきゅん。

さえりさん、想像力たくましすぎ。らぶずっ(以下省略)

子ども時代は漫画とお笑い番組しか見てなかったので、今日から星の勉強します。

僕、Cカップ以下の人が好き。

はい、申し訳ございません。暗記しておきます。

なにこれワロタwww 女子アピールはうまくいかなかったとしても、それ以上に何かのアピールに成功しています。

浴衣でこそこそ、浴衣で浴衣で浴衣で…。よし、全部やりましょう。

ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

驚きました…。

奇遇ですね、ぼくもです。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

tsujimon

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!!

『【美人】株式会社LIGの編集者「さえりさん」がめちょめちょ可愛すぎる件について』でした。

さえりさんについてツイートしてたら、なんとご本人から返信が。

Twitterの素晴らしさを改めて実感。なんとも可愛いつぶやきでしょうか。もちろん光速でふぁぼりましたけど何か?

可愛い。可愛すぎる。

もはや天使。彼女は天使なのです。

僕には見えます。さえりさんの背中に生えている2枚の美しい翼と、頭上に光輝く天使の輪が。

何かの間違いで天国からこの世界に落ちてきてしまったのでしょう。

幸せです。僕は幸せです。生まれてきてよかったです。

この世はこれから楽園と呼ばれるでしょう。

プライスレスな時間にらぶずっきゅん。

ここまで読んでいただくとお分かりでしょうが、

僕はもはや手の施しようのない阿保としか言いようがない。

変態と呼ばれても仕方がない。

しかし!!

僕は、ここぞというときには、敢えて変態の汚名を着ることも辞さない男だ!!

この記事を書き切れたことを誇りに思う。

▼さえりさんが書いた本はコチラ。

スポンサード リンク