【3分で読める】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

スポンサード リンク

アメリカ時間の2015年6月8日の午前10:00。

AppleのCEOティム・クック氏がステージへ登壇…。

ついにAppleによる「WWDC2015」が、サンフランシスコにて幕を開きました。

今回、新しく発表されたものを簡単にまとめると

  • OS X「El Capitan」の発表
  • iOS「iOS9」の発表
  • WatchOS「watchOS 2」の発表
  • 音楽サービス「Apple Music」の発表
  • その他の発表

となっております。

主にソフトウェアが中心になっていますね。残念ながら、新しいハードウェアが発表されませんでした。

さてさて一体どんなソフトウェアが世に誕生し、ボクらの生活を変えてくれるんでしょうか??

それでは、Appleの「WWDC2015」で発表されたものをまとめて紹介します!!

スポンサーリンク

新OSXの名前は「OS X El Capitan」

OS X El Capitan 【速報】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

WWDC2015にて、新しいOS Xの名前が発表されました。「OS X El Capitan」です。

主な追加機能としては以下の点

  • メールアプリで新しいジェスチャーに対応、メッセージの削除などが簡単に。
  • Spotlightでは現在の天気やスポーツのスコアなど、今まで以上の情報が検索可能。
  • Safariで、頻繁にチェックするサイトをピン留めできる機能が追加。
  • 簡単に画面を分割できる機能が搭載。
  • アプリの立ち上げが1.4倍、アプリのスイッチが2倍になるなどパフォーマンスの向上。
  • グラフィックエンジン「Metal」をMac向けにも搭載。
  • 「OS X El Caption」の一般向けには秋にリリース予定。

新iOSの名前は「iOS 9」

iOS 9【速報】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

次に発表されたのは、新しい「iOS」です。今回はiPadの使いやすさが向上しています。

主な追加機能としては以下の点

  • Siriが40%高速に。特定の写真を検索したりリマインダーに対応するなど、Siriでより多くのことが検索可能。
  • Proactive Assistant機能が搭載され、iOSが事前に行動を予測して様々な情報を提供。
  • ホーム画面の左側でProactive Assistant機能がオススメする項目を表示可能。
  • 検索のAPIの利用可能。
  • Apple Payが来月からイギリスで提供開始予定。
  • ノートアプリがアップデート。Todoリストのチェックリストが作成が可能に、そして写真の貼り付けなども可能に。
  • マップアプリに路線図の表示、乗換案内機能が追加。歩く時間や地下鉄の降り口などの案内も可能に。
  • 新しいニュースアプリが発表。
  • 「iPad」でマルチタスクが利用可能に。
  • 画面分割によって、2つのアプリを同時使うことが可能に。
  • バッテリー持続時間が伸びる。
  • Swiftをオープンソースに。
  • iOS 9は本日からデベロッパー向けに提供、一般向けのベータ版は7月、一般向けのリリースは9月になる予定。

新しい「Watch OS 2」について

Apple Watch Watch OS2 【速報】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

Apple Watchに搭載されている「Watch OS」も新しくなります。

主な追加機能としては以下の点

  • 文字盤に壁紙画像を設定することが可能に。
  • 新しい文字盤が可能が利用可能に。世界中の都市の時間をタイムラプスで表示可能。
  • 「Complications」によって、様々な情報を文字盤に表示可能に。
  • 充電中も時計が表示されようになり、置いた向きに反応して画面表示が可能に。
  • Apple Watchから友達の追加が可能に。
  • メールを直接Apple Watchで返信が可能。iPhoneを使用する必要がなくなる。
  • FaceTime Audioにも対応。
  • フィットネス機能が、Siriでコントロール可能に。
  • 乗り換え案内機能がApple Watchでも利用可能に。
  • Apple Watchのネイティブアプリが開発可能。
  • Apple Watchが単体でWi-Fi接続に対応。
  • アプリ開発者向けには本日から提供開始。秋には無料で一般向けに提供する予定。

新音楽サービス「Apple Music」の発表

Apple Music
出ました。発表が終わったかと思いきや「One More Thing」。

今回は、新しいミュージックストーリんミングサービスが発表されました。その名も「Apple Music」。

Apple Musicについて

  • Apple Musiでは、自分の持っている曲と、Apple Musicが提供する音楽ライブラリを聴くことが可能。
  • オフラインで聴くために、プレイリストに保存することも出来る
  • Siriとの連携で、様々なリクエストが可能。
  • 好みの曲を登録すると、オススメの曲を教えてくれる。
  • 「beat1」というグローバルラジオが誕生する。それは、毎日24時間、ニューヨークやロンドンのスタジオから100ヶ国に向けて放送される。
  • アーティストとファンをつなぐ「Connect」も利用可能。アーティストがバックステージで撮った写真や、歌詞、新しいビデオのラフ案など様々なことが共有出来る。
  • Apple Musicは6月30日に提供開始。
  • 月額料金は9.99ドル、3ヶ月の無料試用期間がある。
  • 家族向けには月額14.99ドルで6ユーザーが使える。
  • WindowsとAndroid向けにはこの秋には提供開始。

その他の発表について

「Apple Pay」を7月からイギリスで提供開始

Apple Pay SU 「Apple Pay」を7月からイギリスで提供開始

Apple Pay」を7月からイギリスで提供を開始すると発表。

イギリスではクレジットカードとデビッドカードの70%をカバーするそう。イギリスのトップブランドをいくつか含む、25万の場所が「Apple Pay」を使えるようになる予定です。

Apple Payを使って交通機関を利用も可能になりそうです。また「iOS 9」では、Apple Payで支払うストアのカードを追加することが可能とのこと。

さらに、今までのPassbookアプリは「Wallet」に名称を変更するそうです。クレジットカード・デビッドカード・ポイントカードなどが登録可能になります。

Apple、App Storeのダウンロード数が1000億回を達成したと発表

Apple、App Storeのダウンロード数が1000億回を達成したと発表

App Storeのダウンロード数が1000億回を達成したと発表しました。

世界中で、一秒間におよそ850個のアプリがダウンロードされています。

App Storeはわずか7年前に発表されたばかりです。しかし、iOSのアプリ開発者には3000億ドル以上を支払ったことを明らかにしました。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

やはり噂されていたソフトウェアのみの発表でしたね。

昔は、このWWDCでも新しいiPhoneのサプライズ発表なども行われていたので「今回もまさか!?」と思っていましたが、何もありませんでした。

およそ2時間30分という超長丁場でしたが、やはりAppleのWWDCは面白い。最後まで何が登場するか分からないドキドキ感と、高揚感がマックスでした。

ひとまずApple Musicは様子見という形ですね。

日本時間では始まったのが、深夜の2時。そして終了したのが朝方の4時30分ということで、最後までご覧になっていた方、お疲れ様でした。

それでは、あなたも良きAppleライフを。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

アメリカ時間の2015年6月8日の午前10:00。

AppleのCEOティム・クック氏がステージへ登壇…。

ついにAppleによる「WWDC2015」が、サンフランシスコにて幕を開きました。

今回、新しく発表されたものを簡単にまとめると

  • OS X「El Capitan」の発表
  • iOS「iOS9」の発表
  • WatchOS「watchOS 2」の発表
  • 音楽サービス「Apple Music」の発表
  • その他の発表

となっております。

主にソフトウェアが中心になっていますね。残念ながら、新しいハードウェアが発表されませんでした。

さてさて一体どんなソフトウェアが世に誕生し、ボクらの生活を変えてくれるんでしょうか??

それでは、Appleの「WWDC2015」で発表されたものをまとめて紹介します!!

スポンサーリンク

新OSXの名前は「OS X El Capitan」

OS X El Capitan 【速報】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

WWDC2015にて、新しいOS Xの名前が発表されました。「OS X El Capitan」です。

主な追加機能としては以下の点

  • メールアプリで新しいジェスチャーに対応、メッセージの削除などが簡単に。
  • Spotlightでは現在の天気やスポーツのスコアなど、今まで以上の情報が検索可能。
  • Safariで、頻繁にチェックするサイトをピン留めできる機能が追加。
  • 簡単に画面を分割できる機能が搭載。
  • アプリの立ち上げが1.4倍、アプリのスイッチが2倍になるなどパフォーマンスの向上。
  • グラフィックエンジン「Metal」をMac向けにも搭載。
  • 「OS X El Caption」の一般向けには秋にリリース予定。

新iOSの名前は「iOS 9」

iOS 9【速報】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

次に発表されたのは、新しい「iOS」です。今回はiPadの使いやすさが向上しています。

主な追加機能としては以下の点

  • Siriが40%高速に。特定の写真を検索したりリマインダーに対応するなど、Siriでより多くのことが検索可能。
  • Proactive Assistant機能が搭載され、iOSが事前に行動を予測して様々な情報を提供。
  • ホーム画面の左側でProactive Assistant機能がオススメする項目を表示可能。
  • 検索のAPIの利用可能。
  • Apple Payが来月からイギリスで提供開始予定。
  • ノートアプリがアップデート。Todoリストのチェックリストが作成が可能に、そして写真の貼り付けなども可能に。
  • マップアプリに路線図の表示、乗換案内機能が追加。歩く時間や地下鉄の降り口などの案内も可能に。
  • 新しいニュースアプリが発表。
  • 「iPad」でマルチタスクが利用可能に。
  • 画面分割によって、2つのアプリを同時使うことが可能に。
  • バッテリー持続時間が伸びる。
  • Swiftをオープンソースに。
  • iOS 9は本日からデベロッパー向けに提供、一般向けのベータ版は7月、一般向けのリリースは9月になる予定。

新しい「Watch OS 2」について

Apple Watch Watch OS2 【速報】Appleの「WWDC2015」で発表されたものまとめ

Apple Watchに搭載されている「Watch OS」も新しくなります。

主な追加機能としては以下の点

  • 文字盤に壁紙画像を設定することが可能に。
  • 新しい文字盤が可能が利用可能に。世界中の都市の時間をタイムラプスで表示可能。
  • 「Complications」によって、様々な情報を文字盤に表示可能に。
  • 充電中も時計が表示されようになり、置いた向きに反応して画面表示が可能に。
  • Apple Watchから友達の追加が可能に。
  • メールを直接Apple Watchで返信が可能。iPhoneを使用する必要がなくなる。
  • FaceTime Audioにも対応。
  • フィットネス機能が、Siriでコントロール可能に。
  • 乗り換え案内機能がApple Watchでも利用可能に。
  • Apple Watchのネイティブアプリが開発可能。
  • Apple Watchが単体でWi-Fi接続に対応。
  • アプリ開発者向けには本日から提供開始。秋には無料で一般向けに提供する予定。

新音楽サービス「Apple Music」の発表

Apple Music
出ました。発表が終わったかと思いきや「One More Thing」。

今回は、新しいミュージックストーリんミングサービスが発表されました。その名も「Apple Music」。

Apple Musicについて

  • Apple Musiでは、自分の持っている曲と、Apple Musicが提供する音楽ライブラリを聴くことが可能。
  • オフラインで聴くために、プレイリストに保存することも出来る
  • Siriとの連携で、様々なリクエストが可能。
  • 好みの曲を登録すると、オススメの曲を教えてくれる。
  • 「beat1」というグローバルラジオが誕生する。それは、毎日24時間、ニューヨークやロンドンのスタジオから100ヶ国に向けて放送される。
  • アーティストとファンをつなぐ「Connect」も利用可能。アーティストがバックステージで撮った写真や、歌詞、新しいビデオのラフ案など様々なことが共有出来る。
  • Apple Musicは6月30日に提供開始。
  • 月額料金は9.99ドル、3ヶ月の無料試用期間がある。
  • 家族向けには月額14.99ドルで6ユーザーが使える。
  • WindowsとAndroid向けにはこの秋には提供開始。

その他の発表について

「Apple Pay」を7月からイギリスで提供開始

Apple Pay SU 「Apple Pay」を7月からイギリスで提供開始

Apple Pay」を7月からイギリスで提供を開始すると発表。

イギリスではクレジットカードとデビッドカードの70%をカバーするそう。イギリスのトップブランドをいくつか含む、25万の場所が「Apple Pay」を使えるようになる予定です。

Apple Payを使って交通機関を利用も可能になりそうです。また「iOS 9」では、Apple Payで支払うストアのカードを追加することが可能とのこと。

さらに、今までのPassbookアプリは「Wallet」に名称を変更するそうです。クレジットカード・デビッドカード・ポイントカードなどが登録可能になります。

Apple、App Storeのダウンロード数が1000億回を達成したと発表

Apple、App Storeのダウンロード数が1000億回を達成したと発表

App Storeのダウンロード数が1000億回を達成したと発表しました。

世界中で、一秒間におよそ850個のアプリがダウンロードされています。

App Storeはわずか7年前に発表されたばかりです。しかし、iOSのアプリ開発者には3000億ドル以上を支払ったことを明らかにしました。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

やはり噂されていたソフトウェアのみの発表でしたね。

昔は、このWWDCでも新しいiPhoneのサプライズ発表なども行われていたので「今回もまさか!?」と思っていましたが、何もありませんでした。

およそ2時間30分という超長丁場でしたが、やはりAppleのWWDCは面白い。最後まで何が登場するか分からないドキドキ感と、高揚感がマックスでした。

ひとまずApple Musicは様子見という形ですね。

日本時間では始まったのが、深夜の2時。そして終了したのが朝方の4時30分ということで、最後までご覧になっていた方、お疲れ様でした。

それでは、あなたも良きAppleライフを。

スポンサード リンク