【2018年】MTGレガシーのデッキ環境について。トップメタは?Tierランキングとデッキの値段まとめ

スポンサード リンク

こんにちは!つじもん@tsujim0nです。

マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のレガシーにおける、デッキ環境・強さをTierランキングにて紹介!!

現在の環境で流行しているデッキをそれぞれまとめました!! Tierランクの順位付けは、かなり大雑把につけてます。

記事執筆時は、《死儀礼のシャーマン》と《ギタクシア派の調査》が禁止されたあと〜『ラヴニカのギルド』発売直後の環境です。最終更新日は当記事の日付をご覧ください。

各デッキのおおよその合計金額も書いてますが、カードの値段は変動が激しいため、多少のズレが生じる場合があります。ご了承ください。

環境に大きな変化があれば、随時更新していく予定です。

あくまでも素人目線でのランキング付けなので、目安程度にどうぞ!! これからMTGでレガシーを始めようと思ってる初心者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

パッと読むための目次

Tier1(現環境トップクラス)

グリクシス・コントロール(55〜60万円前後)

グリクシスコントロール(mtgレガシー)

  • 禁止改定後の環境では安定した勝率で、新しい環境王者になりました
  • 赤青黒の3色からなる、軽良呪文をベースにしたコントロールデッキ
  • クリーチャー除去、ドロー、打ち消し、手札破壊と何でもできる万能型
  • 《トーラックへの讃歌》や《コラガンの命令》など1対2交換カードが強力
  • 対戦相手の隙をついて《グルマグのアンコウ》でのゴリ押しプランも可

「グリクシス・コントロール」のデッキリストを見る

青白奇跡(20万円前後)

青白奇跡(mtgレガシー)

  • その名の通り「奇跡呪文」が採用された青白のコントロールデッキ
  • 最近の「青白奇跡」はフィニッシャーがほぼ入っていないのが特徴的
  • ドロー⇒クリーチャー除去⇒要所で打ち消し⇒更地にジェイスが強い
  • 《相殺》などで対戦相手の動きを完全にロックし、投了させることも
  • プレイングの難易度が高いけど、根強い人気で環境トップに常にいる

「青白奇跡」のデッキリストを見る

グリクシス・デルバー(53万円前後)

グリクシスデルバー(mtgレガシー)

  • 前環境の王者。禁止カードが2枚出て、弱体化したのにまだ強い
  • 赤青黒の3色デッキ。軽いクロックとそれをサポートする呪文で構成
  • 《渦まく知識》や《思案》などのドロー呪文が多く、安定性が高い
  • 除去や打ち消し、手札破壊も採用されていて相手を捌く力も充実
  • デッキ名の「デルバー」は《秘密を掘り下げる者》の英名が由来

「グリクシス・デルバー」のデッキリストを見る

エルドラージ・ポスト(25万円前後)

エルドラージポスト改(mtgレガシー)

  • 《雲上の座》と《微光地》で一気にマナ加速するランプデッキ
  • 重量級エルドラージやウギンなど採用されていて長期戦に強い
  • ゲーム序盤は《虚空の杯》や《三なる宝球》で時間を稼ぐ
  • 無色カードだけで構成されてるので色によるマナ事故が起きない
  • 「土地破壊」が最大の弱点。相性差で何も出来ずに負けることも

「エルドラージ・ポスト」のデッキリストを見る

黒赤リアニメイト(15〜18万円前後)

黒赤リアニメイト(mtgレガシー)

  • 墓地からクリーチャーを直接戦場に出す系のコンボデッキ
  • 環境最速レベル。1ターン目に勝利を決めることも多々ある
  • 初手の手札次第でゲームの勝敗を分けるので、運ゲー要素高め
  • サイド後は、各デッキが墓地対策をしてくるため少しキツい
  • 弱点だった《死儀礼のシャーマン》禁止は、大きな追い風に

「黒赤リアニメイト」のデッキリストを見る

青黒デスシャドウ(28万円前後)

青黒デスシャドウ(mtgレガシー)

  • ここ最近、急激に増えた“レガシー版”の青黒デスシャドウ
  • フェッチランドやライフを支払う呪文で自ライフをゴリゴリ削る
  • で、サイズが大きくなった《死の影》で相手を捻り潰すデッキ
  • 残りライフをいくらにするか?読み合いが試されるデッキでもある
  • 《虚空の杯》や《剣を鋤に》が天敵。対策として打ち消し呪文も豊富

「青黒デスシャドウ」のデッキリストを見る

Tier2(準トップクラス)

ANT/むかつきストーム(40万円前後)

ANT(mtgレガシー)

  • 「ストーム呪文」を使ったレガシーを代表するコンボデッキ
  • 《むかつき》でカードを大量ドローし、軽めの呪文でストームを稼ぐ
  • ストーム数が10以上で《苦悶の触手》を唱え、20点のライフドレイン
  • 相手に妨害手段がなければ、あっという間にゲームに勝利できる
  • 青黒の2色をメインに、タッチ赤(サイドでタッチ緑)の4色で組まれる

「ANT/むかつきストーム」のデッキリストを見る

スニーク・ショー(36万円前後)

スニーク・ショー

  • レガシーの“顔”とも言える、コスト踏み倒し系コンボデッキの代表格
  • コスト踏み倒し呪文を早いターンに唱え、重量クリーチャーで圧殺
  • 《グリセルブランド》や《エムラクール》で爽快に勝てるので人気が高い
  • 大量のドロー呪文と2マナランドが採用されていて安定性も良い
  • デッキ名のスニークは《騙し討ち》、ショーは《実物提示教育》の英名から

「スニーク・ショー」のデッキリストを見る

4色ローム(40万円もしくは70万円前後)

4Cローム(mtgレガシー)

  • 《壌土からの生命》を中心にした、コンボ&ビートダウンデッキ
  • 発掘能力で、自分のライブリーを墓地へドンドン落としていく
  • ⇒墓地に落ちた土地を《壌土からの生命》で回収し盤面を整える
  • 対クリーチャー戦では《罰する火》《燃え柳の木立ち》コンボが強力
  • 《聖遺の騎士》はこのデッキではとてもとても極悪なフィニッシャー

※サイドボードに土地《The Tabernacle at Pendrell Vale》を採用すると70万円近い金額になります。

「4色ローム」のデッキリストを見る

カナディアン・スレッショルド(36〜40万円前後)

カナスレ(mtgレガシー)

  • 青緑にタッチ赤の3色で構成されるクロック・パーミッションデッキ
  • 《敏捷なマングース》や《タルモゴイフ》等を火力呪文でバックアップ
  • 《もみ消し》と《不毛の大地》を4枚ずつフル投入し、土地破壊も重視
  • 《死儀礼のシャーマン》が禁止され、再び日の目を浴びることに
  • 略して「カナスレ」、別名「ティムール・デルバー」と呼ばれることも

「カナディアン・スレッショルド」のデッキリストを見る

ターボ・デプス(19万円前後)

ダーク・デプス

  • 《暗黒の深部》と《吸血鬼の呪詛術士》を主軸にしたコンボデッキ
  • コンボの流れは《暗黒の深部》に氷カウンターが20個乗り場に出る
  • ⇒《吸血鬼の呪詛術士》の起動型能力で氷カウンターを全て除去
  • ⇒マリッド・レイジ・トークン召喚!(20/20の破壊不能+飛行)
  • コンボが成功すると、高確率で次のターンにゲームに勝てる

「ターボ・デプス」のデッキリストを見る

青白石鍛冶(25万円前後)

青白石鍛冶(mtgレガシー)

  • 《石鍛冶の神秘家》をメインにした青白のコントロール寄りのデッキ
  • 相手の苦手な装備品で攻め、打ち消し呪文でバックアップしていく
  • 《真の名の宿敵》が《梅澤の十手》を持って殴ってくるのは犯罪レベル
  • ドロー、クリーチャー除去、クロックとバランスよく器用に動ける
  • 前環境は3色が多かったけど、《死儀礼のシャーマン》禁止で2色に

「青白石鍛冶」のデッキリストを見る

エルドラージ・ストンピィ(21万円前後)

エルドラージ・ストンピィ(mtgレガシー)

  • 優秀な2マナランドでエルドラージを高速展開し、ガンガン殴る
  • 現環境は1マナの呪文が多いので《虚空の杯》が非常に強力
  • 1ターン目《虚空の杯》着地⇒2ターン目《難題の予見者》は悪夢
  • 無色のカードしか採用してないので、色によるマナ事故が起きない
  • ただし、弱点も多く「土地破壊」や「全体除去」には対処が難しい

「エルドラージ・ストンピィ」のデッキリストを見る

デス&タックス(12万円前後)

デス&タックス(mtgレガシー)

  • 白単色のビート・コントロールデッキ。能力を駆使して相手を縛る
  • デッキ名の由来は「死と税金=逃れられない」という意味から
  • コントロールが多い現環境では《スレイベンの守護者、サリア》が強力
  • 《石鍛冶の神秘家》+装備品のクロックで一気に殴り勝つことも可能
  • トップメタの中では比較的安く組める。入門デッキとしてオススメ

「デス&タックス」のデッキリストを見る

土地単(70万円前後)

土地単(mtgレガシー)

  • その名の通り「土地」をメインで戦う珍しいデッキ
  • 《不毛の大地》と《浄土からの生命》の半永久マナ拘束がエグい
  • 《暗黒の深部》と《演劇の舞台》のマリット・レイジコンボも搭載
  • クリーチャーデッキには非常に有利。反対にコンボデッキには不利
  • 通称「名前が長い土地」こと「タバナクル」の値段が高騰し30万円に…

「土地単」のデッキリストを見る

エルフ(30万円前後)

エルフ(mtgレガシー)

  • エルフを主体とした、クリーチャー展開とドローを繰り返すコンボデッキ
  • 展開に必要なマナは《ガイアの揺籃の地》と《遺産のドルイド》で供給
  • 《ワイアウッドの共生虫》と《エルフの神秘家》シナジーでドローを稼ぐ
  • 準備が整ったらサーチカードから《孔蹄のビヒモス》を出し一気に決める
  • クリーチャーを横に展開していくため、「全体除去」にはめっぽう弱い

「エルフ」のデッキリストを見る

オムニテル(34万円前後)

オムニテル(mtgレガシー)

  • 青単色で組まれる《実物提示教育》と《全知》によるコンボデッキ
  • 勝ち筋はコスト踏み倒しによる《引き裂かれし永劫、エムラクール》を
  • 《全知》からエムラを召喚すると《カラカス》を無視できるのが強い
  • デッキ構成は、コンボパーツ、ドロー、サポートカードのほぼ3種類
  • サイドは、《狡猾な願い》の使用を前提として特殊な構築がされる

「オムニテル」のデッキリストを見る

赤単プリズン/ドラゴン・ストンピィ(24万円前後)

赤単プリズン

  • マナ拘束などで相手の行動を縛って戦う、赤単色のロックデッキ
  • 特殊地形が多いレガシーの環境では《血染めの月》が非常に強力
  • 相手が動けないスキに《ゴブリンの熟練扇動者》でトドメを刺す
  • フィニッシャーに《ハゾレトの神》が採用され、本体火力もアップ
  • 有利だった「4Cレオ」が環境トップから消え、Tier2あたりに落ちた

「赤単プリズン」のデッキリストを見る

感染(27万円前後)

感染(mtgレガシー)

  • 能力「感染」を利用し、毒カウンター10個による勝利を狙うデッキ
  • 主に青緑の2色で組まれる。歴代の強化呪文が豊富な超速攻型
  • 「感染」持ちクリーチャーで攻め、呪文でバックアップしていく
  • 《凶暴化》と《激励》などで、スキをついて一撃で倒すことも可能
  • 《虚空の杯》にめっぽう弱く、対処できないとほぼ確定で負ける

「感染」のデッキリストを見る

Tier3(中堅クラス)

スゥルタイ・ミッドレンジ(58〜62万円前後)

スゥルタイ・ミッドレンジ(mtgレガシー)

  • 緑青黒3色のコントロールデッキ。《死儀礼のシャーマン》禁止で弱体
  • 前環境のトップ「4Cレオヴォルド」はこのデッキに落ち着いた印象
  • 《死儀礼のシャーマン》は《闇の腹心》に置き換わりドロー要員に(?)
  • ドロー、除去、打ち消し、手札破壊と器用に動くことができる
  • 《死儀礼のシャーマン》不在で、マナの安定性とクロックが下がった

「スゥルタイ・ミッドレンジ」のデッキリストを見る

スティール・ストンピィ(28万円前後)

親和(mtgレガシー)

  • アーティファクト・クリーチャーでビートダウンしていくデッキ
  • モダンの「親和デッキ」をそのままレガシー版に進化させた感じ
  • 優秀な2マナランドが豊富で、モダンよりも更に展開速度は早い
  • 《電結の荒廃者》と《鋼の監視者》の能力の使い方が重要になる
  • 《虚空の杯》《アメジストのとげ》により、幅広いデッキに対応可

「スティール・ストンピィ」のデッキリストを見る

マーベリック(28万円前後)

マーベリック(mtgレガシー)

  • 緑白の2色を中心としたビートダウン&コントロールデッキ
  • 《聖遺の騎士》と《石鍛冶の神秘家》のサーチ力で臨機応変に戦う
  • 1枚差しのカードが多く、《緑の太陽の頂点》がキーカード
  • 他にもサーチカードが多く、対応力高め。引きムラに影響されにくい
  • ただし、コンボデッキとは相性が悪く、何も出来ずに負けることも

「マーベリック」のデッキリストを見る

青赤デルバー(32万円前後)

赤青デルバー(mtgレガシー)

  • 青赤の2色で組まれるデルバーデッキ。最も攻撃に特化したタイプ
  • 軽量クリーチャーで攻め、軽量呪文でバックアップしていく
  • 《稲妻》に加えて《稲妻の連鎖》も採用され、火力で押し切ることも
  • 中~長期戦の備えとして《騒乱の歓楽者》や《発展の代価》も採用
  • コンボデッキやクリーチャーデッキには強い。《虚空の杯》は天敵

「青赤デルバー」のデッキリストを見る

マーフォーク(16万円前後)

マーフォーク

  • 青単色のマーフォークを主体としたクロック・パーミッションデッキ
  • 《アトランティスの王》による「島渡り」の実用性が高く大きな強み
  • マーフォークは優秀な小型クリーチャーも多く、恵まれた部族でもある
  • 瞬速持ちのようにマーフォークを出せる《霊気の薬瓶》は重要カード
  • ドロー呪文を入れるスロットが少ないため、引きムラがあるのが弱み

「マーフォーク」のデッキリストを見る

スゥルタイ続唱/BUGカスケード(53〜60万円前後)

スゥルタイ続唱

  • 青黒緑カスケードとも呼ばれるビート&コントロール型のデッキ
  • 《断片無き工作員》の能力「続唱」を活かし、アドバンテージを稼ぐ
  • 中でも続唱で《祖先の幻視》に繋がると、実質「アンリコ」が打てる
  • 王道のミッドレンジで、ゲーム中盤以降の粘り強さは、非常に優秀
  • 低マナ域がやや薄く、高速で盤面を展開してくるデッキに弱い

「スゥルタイ続唱」のデッキリストを見る

エスパー石鍛冶(45万円前後)

エスパー石鍛冶

  • 「青白石鍛冶」にタッチ黒を加え3色になった石鍛冶デッキ
  • 黒が加えられたことで、手札破壊や除去カードが増加している
  • 接死能力を持つ《悪意の大梟》が、対クリーチャーデッキに強い
  • プロテクションお前とジャパニーズ・ファッキン・ウエポンも搭載
  • 《死儀礼のシャーマン》がいなくなり、安定性とクロックが低下した

「エスパー石鍛冶」のデッキリストを見る

バーン(2〜4万円前後)

バーン(レガシー)

  • 火力呪文で焼きまくって、相手ライフを一刻も早く削るデッキ
  • 1マナの3点火力が16枚も採用されてて、もう凄い(語彙力)
  • 採用される軽量クリーチャーはバーンデッキとの相性バツグン
  • 特殊地形の採用率が高い現環境では《発展の代価》が強力
  • レガシーでは、2〜4万円前後と破格の値段でデッキが組める

「バーン」のデッキリストを見る

ドレッジ(15万円前後)

ドレッジ(mtgレガシー)

  • 墓地を利用したリアニメイト系コンボ&ビートダウンデッキ
  • 能力「発掘」を持つカードを活かし、自分のライブラリーを墓地へ
  • 墓地から何度も復活する《イチョリッド》で、ビートダウンしていく
  • もしくは高速で《戦慄の復活》をフラッシュバックし、リアニ戦略に
  • サイド後の墓地対策カードには弱く、2ゲーム目以降は少しキツい

「ドレッジ」のデッキリストを見る

ゴブリン(11万円前後)

ゴブリン

  • 赤単色のゴブリンを主軸にした部族ビートダウンデッキ
  • 《ゴブリンの従僕》と《霊気の薬瓶》による展開力が恐ろしい
  • 《ゴブリンの女看守》と《ゴブリンの首謀者》のアドが強力
  • 中でも《ゴブリンの戦長》のマナ軽減+速攻を得る能力は宇宙
  • また《リシャーダの港》《不毛の大地》のマナ拘束戦略も重要

「ゴブリン」のデッキリストを見る

青白ヘルムピース(25万円前後)

ヘルムピース

  • 相手のライブラリーを全て追放させることを狙ったコンボデッキ
  • 《Helm of Obedience》と《安らかなる眠り》の2枚でコンボ成立
  • クリーチャーはほぼ入っておらず、コントロールのような動きをする
  • 現環境はエンチャント対策が薄めなので、《安らかな眠り》が壊されにくい
  • 《安らかな眠り》が墓地対策となるため、墓地を利用したデッキに有利

「ヘルムピース」のデッキリストを見る

エンチャントレス(16万円前後)

エンチャントレス(mtgレガシー)

  • エンチャントを唱えるとドローする能力で、アドを稼ぐコンボデッキ
  • 《アルゴスの女魔術師》と《新緑の女魔術師》がキーカード
  • 緑を主軸に、防御的なコントロールの構成を取るのが主流
  • 勝ちパターンは《繁茂》等でマナを伸ばし《生ける願い》を唱える
  • ⇒サイドの《引き裂かれし永劫、エムラクール》を持ってきて殴る

「エンチャントレス」のデッキリストを見る

テゼレッター(19万円前後もしくは47万円前後)

テゼレット・コントロール(mtgレガシー)

  • アーティファクトを主軸にした青黒のコントロールデッキ
  • 新プレインズ・ウォーカーが2種類採用され、大きく強化された
  • 置物が多く入っており、《アンティキティー戦争》がとても強力
  • 《虚空の杯》や《罠の橋》のロックカードともシナジーが効く
  • 派生型が多くあり、ソプターコンボを搭載しているタイプもある

「テゼレット・コントロール」のデッキリストを見る

アルーレン(32万円前後)

アルーレン

  • 《魔の誘惑》を主軸に無限ダーメジゲインを狙うコンボデッキ
  • 《魔の誘惑》+《帝国の徴募兵》の2枚だけでコンボスタートが可能
  • とにかく《魔の誘惑》さえ通れば、コンボに繋げれるため安定性が高い
  • また《断片無き工作員》の「続唱」によるアドバンテージ稼ぎも強力
  • 昔から一部のマニアに愛され続けている、楽しいコンボデッキの1つ

「アルーレン」のデッキリストを見る

5色人間(20万円前後)

人間ビートダウン

  • モダンで大暴れしている「5色人間」のレガシー版
  • 《ルーンの母》が追加され、より対応力が高いのが特徴的
  • ここ数ヶ月でチラホラ見るようになってきたデッキでもある
  • 土地ではなく、クリーチャーだけでハメる「デスタク」の亜種
  • クリーチャーを横に並べていくため「全体除去」が苦手

「5色人間」のデッキリストを見る

Nic Fit/エクスプローラー・ロック(40万円前後)

Nic Fit(mtgレガシー)

  • 《老練の探険者》によってマナ加速していくランプデッキ
  • 「基本地形」を場に出す能力で一方的に土地を増やすことも可能
  • フィニッシャーとして《アルゴスの庇護者、ティタニア》が採用される
  • 青殺しの《トレストの使者、レオヴォルド》も入っており、なかなか凶悪
  • テンポを取るデッキには有利だけど、コンボやコントロールには不利

「Nic Fit」のデッキリストを見る

Tier4(発展途上&ファンデッキ)

スモールポックス/黒単プリズン(50万円前後)

ポックス

  • 相手の手札、土地、クリーチャーを縛る黒単色のロックデッキ
  • デッキ名の由来はキーカードの《小悪疫》の英名から来ている
  • 《小悪疫》で《冥界のスピリット》を捨てれば、一方的に展開できる
  • 相手をロックしたら《ミシュラの工廠》《呪われた巻物》でトドメを
  • 昔の強力な黒のカードが多数採用され、一部からカルト的人気を誇る

「Nic Fit」のデッキリストを見る

ゾンバーメント(25万円前後)

ゾンバーメント(mtgレガシー)

  • 何度も蘇る《墓所這い》の生け贄ギミックに特化したコンボデッキ
  • 《ゴブリンの砲撃》や《屍肉喰らい》で、アドバンテージを稼ぐ
  • 他にも《恐血鬼》や《復習蔦》など墓地から戻ってくる生物も多数
  • 手札破壊で相手を妨害しつつ自分はクリーチャーを並べていく
  • デッキ内の全てのカードがシナジーを成形していて面白いデッキ

「ゾンバーメント」のデッキリストを見る

12ポスト/MUD(37万円前後)

12ポスト(mtgレガシー)

  • 《雲上の座》と《微光地》でマナ加速する茶単のランプデッキ
  • 初動で《金属細工師》が生き残ると、やりたい放題できる
  • 動きとしては《虚空の杯》や《三なる宝球》で相手の動きを縛る
  • ⇒《カルドーサの鍛冶場主》で《荒廃鋼の巨像》を召喚し感染パンチ
  • 最近は「エルドラージ・ポスト」に使用者が流れつつある(涙)

「12ポスト」のデッキリストを見る

スリヴァー(15万円前後)

スリヴァー(mtgレガシー)

  • カルト的人気を誇る「スリヴァー」を主軸にしたビートダウンデッキ
  • 各スリヴァーが能力を共有し合う特性を持ち、数が増えると鬼強い
  • 特に《水晶スリヴァー》と《冬眠スリヴァー》が並ぶと、除去できない
  • 色マナを無視してスリヴァーを展開できる《霊気の薬瓶》は重要カード
  • 最近はデュアルランドよりも《魂の洞窟》等の5色ランドが採用される

「スリヴァー」のデッキリストを見る

ベルチャー(15万円前後)

ベルチャー

  • 《ゴブリンの放火砲》で、一気に20点以上の火力を狙うコンボデッキ
  • デッキのほとんどがマナ加速カードで、土地は《Taiga》1枚のみ
  • コンボに必要なのは7マナ。これをいかに貯めて「発射」するかが鍵
  • 別ルートの勝ち手段として《巣穴からの総出》も採用されている
  • 運ゲー要素の部分が大きいけど、非常に熱狂的なファンが多い

「ベルチャー」のデッキリストを見る

ペインターコンボ(32万円前後)

ペインターコンボ(mtgレガシー)

  • 《絵描きの召使い》と《丸砥石》によるコンボ系コントロール
  • 上記の2枚が揃うだけで、相手のライブラリーを無限に破壊できる
  • 赤もしくは青を主軸に1〜3色で組まれ、様々なデッキタイプがある
  • ゲーム中の全てのカードの色を変えるため《紅蓮破》等と相性バツグン
  • 世界中に熱狂的なファンがおり、MOなどでも稀に全勝5-0している

「ペインターコンボ」のデッキリストを見る

ボンバーマン/サルベイジャーコンボ(40万円前後)

ボンバーマン

  • 《オーリオックの廃品回収者》を主軸に無限ダメージを狙うコンボデッキ
  • 《オーリオックの廃品回収者》と《ライオンの瞳のダイアモンド》で無限マナが発生
  • ⇒そのマナを《歩行バリスタ》などで無限火力に置き換え、一撃で相手を倒す
  • 昔は「赤の呪文爆弾」が使われ、その見た目からボンバーマンと命名された
  • エターナル・ウィークエンド・アジア2018で10位に入賞し、注目のアーキタイプ

「ボンバーマン」のデッキリストを見る

忍者(65万円前後)

忍者

  • 神河で登場した「忍者」を主軸にした、クロック・パーミッション
  • 統率者2018で《虎の影、百合子》が追加され、デッキパワーが上昇
  • 《悪意の大梟》と忍術の相性がよく、アドバンテージを大きく稼げる
  • 《意志の力》は、打ち消し呪文としても、百合子のクロックにもなり優秀
  • 今後もっと研究が進めば、数が増えてもおかしくない伸びシロがある

「忍者」のデッキリストを見る

フェアリー(42万円前後)

フェアリー レガシー

  • 軽いフェアリーを展開し、各呪文で補助するクロック・パーミッション
  • 青単もしくは青黒で組まれることが多い。フェアリー・ストンピィは別物
  • 瞬速を持つフェアリーが多く、相手の動きを見て展開できるのが特徴
  • 《呪文づまりのスプライト》が優秀。カウンターしつつクロックも出せる
  • 《突然の衰微》が環境から少し減り、《苦花》でゲームを決めることも

「フェアリー」のデッキリストを見る

スタイフルノート(15万円前後)

スタイフルノート(mtgレガシー)

  • 《ドレッドノート》と《もみ消し》コンボ搭載のコントロールデッキ
  • 1ターン目に12/12トランプルが出てくることもあり、リアニ並みの速度
  • クリーチャーもしくはアーティファクト除去がなければ速攻で負ける
  • ただ、勝ち筋がドレッドノートに依存しており《虚空の杯》がとても効く
  • MTGのトーナメントでは本当に極稀に見かけるアーキタイプ

「スタイフルノート」のデッキリストを見る

食物連鎖コンボ(26万円前後)

食物連鎖(mtgレガシー)

  • 《食物連鎖》を主軸とした無限ダメージを狙うコンボデッキ
  • 追放領域から唱える生物をエサにして、無限マナを生み出す
  • フィニッシャーに《歩行バリスタ》が無限火力として採用されている
  • 《死儀礼のシャーマン》が禁止され、デッキはかなり弱体化した
  • これもレガシーならではコンボデッキで使ってみるとなかなか楽しい

「食物連鎖コンボ」のデッキリストを見る

欠片の双子コンボ(40万円前後)

双子の欠片(mtgレガシー)

  • モダン禁止の《欠片の双子》で無限トークンを狙うコンボデッキ
  • 赤青の2色で構成される。2マナランドの恩恵で速度がアップ
  • 《虚空の杯》《血染めの月》など採用したストンピィ型が多め
  • 《詐欺師の総督》のタップ能力が地味に優秀で、分からん殺しも
  • 環境トップの「青白奇跡」が苦手なので、どう攻略するかが課題

「欠片の双子コンボ」のデッキリストを見る

【補足】Tierランキングとは??

Tierランクとは

Tierとは、現環境における流行度を表す言葉です。当記事のデッキランキングでは、Tierを基準にしてTier1~4までランク分けして掲載しています。

使用率が高い=強いデッキという指標で、Tier1は多くの人に人気で安定した勝率を上げているデッキがランクインしやすいです。

注目度が高い分対策されやすいですが、基本的には苦手なデッキが少なく、対策されづらいデッキが選ばれます。

つじもんのまとめ

つじもん|まぬけブログ

《死儀礼のシャーマン》と《ギタクシア派の調査》が禁止されてからは、2トップだった「(旧)グリクシス・デルバー」と「4Cレオヴォルド」が消滅し、環境が大きく変わりました。

で、現環境にて「最強のデッキ」になったのは「グリクシス・コントロール」。クリーチャー除去やドロー呪文、打ち消し呪文など幅広いカードが採用されていて、最もバランスが良いです。

《悪意の大梟》や《コラガンの命令》《トーラックへの賛歌》など、ほぼ確実に「1枚で2枚対処できるカード」が多く、めちゃくちゃ強力です。これからレガシーのトップメタとして君臨し続けそうです。(素人並みの感想)

それに続いて「青白奇跡」「デスシャドウ」「デス&タックス」「(新)グリクシス・デルバー」などなど、がいる感じ。このあたりのデッキの順位は、その時々の環境や大会によって大きく異なります。

もちろん、各デッキ同士で相性差などあるため、一概には「最強」と言うのはお門違いかもしれませんが……。

あ、これからレガシーに参入しようと思ってる方は、再録禁止カードだけは早めに購入した方がいいです。

一部の再録禁止カードは、常に高騰をしているため「気がつくと値段が数倍になっていた」なんてことが日常茶飯事です。ホントにマジで。

特に《Underground Sea》や《Volcanic Island》等のデュアルランドは、デッキによっては必須カードです。凡用性が高く、需要もあるため値段が大きく下がることはありません。

「あの時に買っとけばよかった……!!」と思ったことが死ぬほどありました(白目)

んで、もし「出来るだけ安くレガシーに参入したい!!」という方には、バーン(4万円前後)を。

「もう少しお金を出せるし、環境でもそこそこ強いデッキを使いたい!!」という方には、「デス&タックス(12万円前後)」「黒赤リアニメイト(14万円前後)」「青白奇跡(20万円前後)」「エルドラージ(20万円前後)」あたりがオススメです。

ちなみにボクは「エルドラージ」をずっと愛用しています。現環境でも全然戦えるのでお気に入りです。是非あなたもお気に入りのデッキを見つけてくださいね!!

あ、そう言えば、少し前にMTGで使っているオススメのサプライ商品をまとめた記事を書きました!! また興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!!

【MTG】おすすめのサプライ商品まとめ!スリーブ、デッキケース、プレイマット、カードファイルをレビュー!|まぬけブログ

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございます!! 何度も言いますが、あくまでも素人がまとめた情報なので参考程度にどうぞ!!

他にも抜けているアーキタイプなどあるかと思いますが、もし見つけたときはツイッターなどでコッソリ教えてくださいw

一人でも多くのMTGプレイヤーが増えればいいな、と願っています。おしまい。

画像引用元:『マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト』 より

スポンサード リンク

スポンサード リンク

こんにちは!つじもん@tsujim0nです。

マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のレガシーにおける、デッキ環境・強さをTierランキングにて紹介!!

現在の環境で流行しているデッキをそれぞれまとめました!! Tierランクの順位付けは、かなり大雑把につけてます。

記事執筆時は、《死儀礼のシャーマン》と《ギタクシア派の調査》が禁止されたあと〜『ラヴニカのギルド』発売直後の環境です。最終更新日は当記事の日付をご覧ください。

各デッキのおおよその合計金額も書いてますが、カードの値段は変動が激しいため、多少のズレが生じる場合があります。ご了承ください。

環境に大きな変化があれば、随時更新していく予定です。

あくまでも素人目線でのランキング付けなので、目安程度にどうぞ!! これからMTGでレガシーを始めようと思ってる初心者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

パッと読むための目次

Tier1(現環境トップクラス)

グリクシス・コントロール(55〜60万円前後)

グリクシスコントロール(mtgレガシー)

  • 禁止改定後の環境では安定した勝率で、新しい環境王者になりました
  • 赤青黒の3色からなる、軽良呪文をベースにしたコントロールデッキ
  • クリーチャー除去、ドロー、打ち消し、手札破壊と何でもできる万能型
  • 《トーラックへの讃歌》や《コラガンの命令》など1対2交換カードが強力
  • 対戦相手の隙をついて《グルマグのアンコウ》でのゴリ押しプランも可

「グリクシス・コントロール」のデッキリストを見る

青白奇跡(20万円前後)

青白奇跡(mtgレガシー)

  • その名の通り「奇跡呪文」が採用された青白のコントロールデッキ
  • 最近の「青白奇跡」はフィニッシャーがほぼ入っていないのが特徴的
  • ドロー⇒クリーチャー除去⇒要所で打ち消し⇒更地にジェイスが強い
  • 《相殺》などで対戦相手の動きを完全にロックし、投了させることも
  • プレイングの難易度が高いけど、根強い人気で環境トップに常にいる

「青白奇跡」のデッキリストを見る

グリクシス・デルバー(53万円前後)

グリクシスデルバー(mtgレガシー)

  • 前環境の王者。禁止カードが2枚出て、弱体化したのにまだ強い
  • 赤青黒の3色デッキ。軽いクロックとそれをサポートする呪文で構成
  • 《渦まく知識》や《思案》などのドロー呪文が多く、安定性が高い
  • 除去や打ち消し、手札破壊も採用されていて相手を捌く力も充実
  • デッキ名の「デルバー」は《秘密を掘り下げる者》の英名が由来

「グリクシス・デルバー」のデッキリストを見る

エルドラージ・ポスト(25万円前後)

エルドラージポスト改(mtgレガシー)

  • 《雲上の座》と《微光地》で一気にマナ加速するランプデッキ
  • 重量級エルドラージやウギンなど採用されていて長期戦に強い
  • ゲーム序盤は《虚空の杯》や《三なる宝球》で時間を稼ぐ
  • 無色カードだけで構成されてるので色によるマナ事故が起きない
  • 「土地破壊」が最大の弱点。相性差で何も出来ずに負けることも

「エルドラージ・ポスト」のデッキリストを見る

黒赤リアニメイト(15〜18万円前後)

黒赤リアニメイト(mtgレガシー)

  • 墓地からクリーチャーを直接戦場に出す系のコンボデッキ
  • 環境最速レベル。1ターン目に勝利を決めることも多々ある
  • 初手の手札次第でゲームの勝敗を分けるので、運ゲー要素高め
  • サイド後は、各デッキが墓地対策をしてくるため少しキツい
  • 弱点だった《死儀礼のシャーマン》禁止は、大きな追い風に

「黒赤リアニメイト」のデッキリストを見る

青黒デスシャドウ(28万円前後)

青黒デスシャドウ(mtgレガシー)

  • ここ最近、急激に増えた“レガシー版”の青黒デスシャドウ
  • フェッチランドやライフを支払う呪文で自ライフをゴリゴリ削る
  • で、サイズが大きくなった《死の影》で相手を捻り潰すデッキ
  • 残りライフをいくらにするか?読み合いが試されるデッキでもある
  • 《虚空の杯》や《剣を鋤に》が天敵。対策として打ち消し呪文も豊富

「青黒デスシャドウ」のデッキリストを見る

Tier2(準トップクラス)

ANT/むかつきストーム(40万円前後)

ANT(mtgレガシー)

  • 「ストーム呪文」を使ったレガシーを代表するコンボデッキ
  • 《むかつき》でカードを大量ドローし、軽めの呪文でストームを稼ぐ
  • ストーム数が10以上で《苦悶の触手》を唱え、20点のライフドレイン
  • 相手に妨害手段がなければ、あっという間にゲームに勝利できる
  • 青黒の2色をメインに、タッチ赤(サイドでタッチ緑)の4色で組まれる

「ANT/むかつきストーム」のデッキリストを見る

スニーク・ショー(36万円前後)

スニーク・ショー

  • レガシーの“顔”とも言える、コスト踏み倒し系コンボデッキの代表格
  • コスト踏み倒し呪文を早いターンに唱え、重量クリーチャーで圧殺
  • 《グリセルブランド》や《エムラクール》で爽快に勝てるので人気が高い
  • 大量のドロー呪文と2マナランドが採用されていて安定性も良い
  • デッキ名のスニークは《騙し討ち》、ショーは《実物提示教育》の英名から

「スニーク・ショー」のデッキリストを見る

4色ローム(40万円もしくは70万円前後)

4Cローム(mtgレガシー)

  • 《壌土からの生命》を中心にした、コンボ&ビートダウンデッキ
  • 発掘能力で、自分のライブリーを墓地へドンドン落としていく
  • ⇒墓地に落ちた土地を《壌土からの生命》で回収し盤面を整える
  • 対クリーチャー戦では《罰する火》《燃え柳の木立ち》コンボが強力
  • 《聖遺の騎士》はこのデッキではとてもとても極悪なフィニッシャー

※サイドボードに土地《The Tabernacle at Pendrell Vale》を採用すると70万円近い金額になります。

「4色ローム」のデッキリストを見る

カナディアン・スレッショルド(36〜40万円前後)

カナスレ(mtgレガシー)

  • 青緑にタッチ赤の3色で構成されるクロック・パーミッションデッキ
  • 《敏捷なマングース》や《タルモゴイフ》等を火力呪文でバックアップ
  • 《もみ消し》と《不毛の大地》を4枚ずつフル投入し、土地破壊も重視
  • 《死儀礼のシャーマン》が禁止され、再び日の目を浴びることに
  • 略して「カナスレ」、別名「ティムール・デルバー」と呼ばれることも

「カナディアン・スレッショルド」のデッキリストを見る

ターボ・デプス(19万円前後)

ダーク・デプス

  • 《暗黒の深部》と《吸血鬼の呪詛術士》を主軸にしたコンボデッキ
  • コンボの流れは《暗黒の深部》に氷カウンターが20個乗り場に出る
  • ⇒《吸血鬼の呪詛術士》の起動型能力で氷カウンターを全て除去
  • ⇒マリッド・レイジ・トークン召喚!(20/20の破壊不能+飛行)
  • コンボが成功すると、高確率で次のターンにゲームに勝てる

「ターボ・デプス」のデッキリストを見る

青白石鍛冶(25万円前後)

青白石鍛冶(mtgレガシー)

  • 《石鍛冶の神秘家》をメインにした青白のコントロール寄りのデッキ
  • 相手の苦手な装備品で攻め、打ち消し呪文でバックアップしていく
  • 《真の名の宿敵》が《梅澤の十手》を持って殴ってくるのは犯罪レベル
  • ドロー、クリーチャー除去、クロックとバランスよく器用に動ける
  • 前環境は3色が多かったけど、《死儀礼のシャーマン》禁止で2色に

「青白石鍛冶」のデッキリストを見る

エルドラージ・ストンピィ(21万円前後)

エルドラージ・ストンピィ(mtgレガシー)

  • 優秀な2マナランドでエルドラージを高速展開し、ガンガン殴る
  • 現環境は1マナの呪文が多いので《虚空の杯》が非常に強力
  • 1ターン目《虚空の杯》着地⇒2ターン目《難題の予見者》は悪夢
  • 無色のカードしか採用してないので、色によるマナ事故が起きない
  • ただし、弱点も多く「土地破壊」や「全体除去」には対処が難しい

「エルドラージ・ストンピィ」のデッキリストを見る

デス&タックス(12万円前後)

デス&タックス(mtgレガシー)

  • 白単色のビート・コントロールデッキ。能力を駆使して相手を縛る
  • デッキ名の由来は「死と税金=逃れられない」という意味から
  • コントロールが多い現環境では《スレイベンの守護者、サリア》が強力
  • 《石鍛冶の神秘家》+装備品のクロックで一気に殴り勝つことも可能
  • トップメタの中では比較的安く組める。入門デッキとしてオススメ

「デス&タックス」のデッキリストを見る

土地単(70万円前後)

土地単(mtgレガシー)

  • その名の通り「土地」をメインで戦う珍しいデッキ
  • 《不毛の大地》と《浄土からの生命》の半永久マナ拘束がエグい
  • 《暗黒の深部》と《演劇の舞台》のマリット・レイジコンボも搭載
  • クリーチャーデッキには非常に有利。反対にコンボデッキには不利
  • 通称「名前が長い土地」こと「タバナクル」の値段が高騰し30万円に…

「土地単」のデッキリストを見る

エルフ(30万円前後)

エルフ(mtgレガシー)

  • エルフを主体とした、クリーチャー展開とドローを繰り返すコンボデッキ
  • 展開に必要なマナは《ガイアの揺籃の地》と《遺産のドルイド》で供給
  • 《ワイアウッドの共生虫》と《エルフの神秘家》シナジーでドローを稼ぐ
  • 準備が整ったらサーチカードから《孔蹄のビヒモス》を出し一気に決める
  • クリーチャーを横に展開していくため、「全体除去」にはめっぽう弱い

「エルフ」のデッキリストを見る

オムニテル(34万円前後)

オムニテル(mtgレガシー)

  • 青単色で組まれる《実物提示教育》と《全知》によるコンボデッキ
  • 勝ち筋はコスト踏み倒しによる《引き裂かれし永劫、エムラクール》を
  • 《全知》からエムラを召喚すると《カラカス》を無視できるのが強い
  • デッキ構成は、コンボパーツ、ドロー、サポートカードのほぼ3種類
  • サイドは、《狡猾な願い》の使用を前提として特殊な構築がされる

「オムニテル」のデッキリストを見る

赤単プリズン/ドラゴン・ストンピィ(24万円前後)

赤単プリズン

  • マナ拘束などで相手の行動を縛って戦う、赤単色のロックデッキ
  • 特殊地形が多いレガシーの環境では《血染めの月》が非常に強力
  • 相手が動けないスキに《ゴブリンの熟練扇動者》でトドメを刺す
  • フィニッシャーに《ハゾレトの神》が採用され、本体火力もアップ
  • 有利だった「4Cレオ」が環境トップから消え、Tier2あたりに落ちた

「赤単プリズン」のデッキリストを見る

感染(27万円前後)

感染(mtgレガシー)

  • 能力「感染」を利用し、毒カウンター10個による勝利を狙うデッキ
  • 主に青緑の2色で組まれる。歴代の強化呪文が豊富な超速攻型
  • 「感染」持ちクリーチャーで攻め、呪文でバックアップしていく
  • 《凶暴化》と《激励》などで、スキをついて一撃で倒すことも可能
  • 《虚空の杯》にめっぽう弱く、対処できないとほぼ確定で負ける

「感染」のデッキリストを見る

Tier3(中堅クラス)

スゥルタイ・ミッドレンジ(58〜62万円前後)

スゥルタイ・ミッドレンジ(mtgレガシー)

  • 緑青黒3色のコントロールデッキ。《死儀礼のシャーマン》禁止で弱体
  • 前環境のトップ「4Cレオヴォルド」はこのデッキに落ち着いた印象
  • 《死儀礼のシャーマン》は《闇の腹心》に置き換わりドロー要員に(?)
  • ドロー、除去、打ち消し、手札破壊と器用に動くことができる
  • 《死儀礼のシャーマン》不在で、マナの安定性とクロックが下がった

「スゥルタイ・ミッドレンジ」のデッキリストを見る

スティール・ストンピィ(28万円前後)

親和(mtgレガシー)

  • アーティファクト・クリーチャーでビートダウンしていくデッキ
  • モダンの「親和デッキ」をそのままレガシー版に進化させた感じ
  • 優秀な2マナランドが豊富で、モダンよりも更に展開速度は早い
  • 《電結の荒廃者》と《鋼の監視者》の能力の使い方が重要になる
  • 《虚空の杯》《アメジストのとげ》により、幅広いデッキに対応可

「スティール・ストンピィ」のデッキリストを見る

マーベリック(28万円前後)

マーベリック(mtgレガシー)

  • 緑白の2色を中心としたビートダウン&コントロールデッキ
  • 《聖遺の騎士》と《石鍛冶の神秘家》のサーチ力で臨機応変に戦う
  • 1枚差しのカードが多く、《緑の太陽の頂点》がキーカード
  • 他にもサーチカードが多く、対応力高め。引きムラに影響されにくい
  • ただし、コンボデッキとは相性が悪く、何も出来ずに負けることも

「マーベリック」のデッキリストを見る

青赤デルバー(32万円前後)

赤青デルバー(mtgレガシー)

  • 青赤の2色で組まれるデルバーデッキ。最も攻撃に特化したタイプ
  • 軽量クリーチャーで攻め、軽量呪文でバックアップしていく
  • 《稲妻》に加えて《稲妻の連鎖》も採用され、火力で押し切ることも
  • 中~長期戦の備えとして《騒乱の歓楽者》や《発展の代価》も採用
  • コンボデッキやクリーチャーデッキには強い。《虚空の杯》は天敵

「青赤デルバー」のデッキリストを見る

マーフォーク(16万円前後)

マーフォーク

  • 青単色のマーフォークを主体としたクロック・パーミッションデッキ
  • 《アトランティスの王》による「島渡り」の実用性が高く大きな強み
  • マーフォークは優秀な小型クリーチャーも多く、恵まれた部族でもある
  • 瞬速持ちのようにマーフォークを出せる《霊気の薬瓶》は重要カード
  • ドロー呪文を入れるスロットが少ないため、引きムラがあるのが弱み

「マーフォーク」のデッキリストを見る

スゥルタイ続唱/BUGカスケード(53〜60万円前後)

スゥルタイ続唱

  • 青黒緑カスケードとも呼ばれるビート&コントロール型のデッキ
  • 《断片無き工作員》の能力「続唱」を活かし、アドバンテージを稼ぐ
  • 中でも続唱で《祖先の幻視》に繋がると、実質「アンリコ」が打てる
  • 王道のミッドレンジで、ゲーム中盤以降の粘り強さは、非常に優秀
  • 低マナ域がやや薄く、高速で盤面を展開してくるデッキに弱い

「スゥルタイ続唱」のデッキリストを見る

エスパー石鍛冶(45万円前後)

エスパー石鍛冶

  • 「青白石鍛冶」にタッチ黒を加え3色になった石鍛冶デッキ
  • 黒が加えられたことで、手札破壊や除去カードが増加している
  • 接死能力を持つ《悪意の大梟》が、対クリーチャーデッキに強い
  • プロテクションお前とジャパニーズ・ファッキン・ウエポンも搭載
  • 《死儀礼のシャーマン》がいなくなり、安定性とクロックが低下した

「エスパー石鍛冶」のデッキリストを見る

バーン(2〜4万円前後)

バーン(レガシー)

  • 火力呪文で焼きまくって、相手ライフを一刻も早く削るデッキ
  • 1マナの3点火力が16枚も採用されてて、もう凄い(語彙力)
  • 採用される軽量クリーチャーはバーンデッキとの相性バツグン
  • 特殊地形の採用率が高い現環境では《発展の代価》が強力
  • レガシーでは、2〜4万円前後と破格の値段でデッキが組める

「バーン」のデッキリストを見る

ドレッジ(15万円前後)

ドレッジ(mtgレガシー)

  • 墓地を利用したリアニメイト系コンボ&ビートダウンデッキ
  • 能力「発掘」を持つカードを活かし、自分のライブラリーを墓地へ
  • 墓地から何度も復活する《イチョリッド》で、ビートダウンしていく
  • もしくは高速で《戦慄の復活》をフラッシュバックし、リアニ戦略に
  • サイド後の墓地対策カードには弱く、2ゲーム目以降は少しキツい

「ドレッジ」のデッキリストを見る

ゴブリン(11万円前後)

ゴブリン

  • 赤単色のゴブリンを主軸にした部族ビートダウンデッキ
  • 《ゴブリンの従僕》と《霊気の薬瓶》による展開力が恐ろしい
  • 《ゴブリンの女看守》と《ゴブリンの首謀者》のアドが強力
  • 中でも《ゴブリンの戦長》のマナ軽減+速攻を得る能力は宇宙
  • また《リシャーダの港》《不毛の大地》のマナ拘束戦略も重要

「ゴブリン」のデッキリストを見る

青白ヘルムピース(25万円前後)

ヘルムピース

  • 相手のライブラリーを全て追放させることを狙ったコンボデッキ
  • 《Helm of Obedience》と《安らかなる眠り》の2枚でコンボ成立
  • クリーチャーはほぼ入っておらず、コントロールのような動きをする
  • 現環境はエンチャント対策が薄めなので、《安らかな眠り》が壊されにくい
  • 《安らかな眠り》が墓地対策となるため、墓地を利用したデッキに有利

「ヘルムピース」のデッキリストを見る

エンチャントレス(16万円前後)

エンチャントレス(mtgレガシー)

  • エンチャントを唱えるとドローする能力で、アドを稼ぐコンボデッキ
  • 《アルゴスの女魔術師》と《新緑の女魔術師》がキーカード
  • 緑を主軸に、防御的なコントロールの構成を取るのが主流
  • 勝ちパターンは《繁茂》等でマナを伸ばし《生ける願い》を唱える
  • ⇒サイドの《引き裂かれし永劫、エムラクール》を持ってきて殴る

「エンチャントレス」のデッキリストを見る

テゼレッター(19万円前後もしくは47万円前後)

テゼレット・コントロール(mtgレガシー)

  • アーティファクトを主軸にした青黒のコントロールデッキ
  • 新プレインズ・ウォーカーが2種類採用され、大きく強化された
  • 置物が多く入っており、《アンティキティー戦争》がとても強力
  • 《虚空の杯》や《罠の橋》のロックカードともシナジーが効く
  • 派生型が多くあり、ソプターコンボを搭載しているタイプもある

「テゼレット・コントロール」のデッキリストを見る

アルーレン(32万円前後)

アルーレン

  • 《魔の誘惑》を主軸に無限ダーメジゲインを狙うコンボデッキ
  • 《魔の誘惑》+《帝国の徴募兵》の2枚だけでコンボスタートが可能
  • とにかく《魔の誘惑》さえ通れば、コンボに繋げれるため安定性が高い
  • また《断片無き工作員》の「続唱」によるアドバンテージ稼ぎも強力
  • 昔から一部のマニアに愛され続けている、楽しいコンボデッキの1つ

「アルーレン」のデッキリストを見る

5色人間(20万円前後)

人間ビートダウン

  • モダンで大暴れしている「5色人間」のレガシー版
  • 《ルーンの母》が追加され、より対応力が高いのが特徴的
  • ここ数ヶ月でチラホラ見るようになってきたデッキでもある
  • 土地ではなく、クリーチャーだけでハメる「デスタク」の亜種
  • クリーチャーを横に並べていくため「全体除去」が苦手

「5色人間」のデッキリストを見る

Nic Fit/エクスプローラー・ロック(40万円前後)

Nic Fit(mtgレガシー)

  • 《老練の探険者》によってマナ加速していくランプデッキ
  • 「基本地形」を場に出す能力で一方的に土地を増やすことも可能
  • フィニッシャーとして《アルゴスの庇護者、ティタニア》が採用される
  • 青殺しの《トレストの使者、レオヴォルド》も入っており、なかなか凶悪
  • テンポを取るデッキには有利だけど、コンボやコントロールには不利

「Nic Fit」のデッキリストを見る

Tier4(発展途上&ファンデッキ)

スモールポックス/黒単プリズン(50万円前後)

ポックス

  • 相手の手札、土地、クリーチャーを縛る黒単色のロックデッキ
  • デッキ名の由来はキーカードの《小悪疫》の英名から来ている
  • 《小悪疫》で《冥界のスピリット》を捨てれば、一方的に展開できる
  • 相手をロックしたら《ミシュラの工廠》《呪われた巻物》でトドメを
  • 昔の強力な黒のカードが多数採用され、一部からカルト的人気を誇る

「Nic Fit」のデッキリストを見る

ゾンバーメント(25万円前後)

ゾンバーメント(mtgレガシー)

  • 何度も蘇る《墓所這い》の生け贄ギミックに特化したコンボデッキ
  • 《ゴブリンの砲撃》や《屍肉喰らい》で、アドバンテージを稼ぐ
  • 他にも《恐血鬼》や《復習蔦》など墓地から戻ってくる生物も多数
  • 手札破壊で相手を妨害しつつ自分はクリーチャーを並べていく
  • デッキ内の全てのカードがシナジーを成形していて面白いデッキ

「ゾンバーメント」のデッキリストを見る

12ポスト/MUD(37万円前後)

12ポスト(mtgレガシー)

  • 《雲上の座》と《微光地》でマナ加速する茶単のランプデッキ
  • 初動で《金属細工師》が生き残ると、やりたい放題できる
  • 動きとしては《虚空の杯》や《三なる宝球》で相手の動きを縛る
  • ⇒《カルドーサの鍛冶場主》で《荒廃鋼の巨像》を召喚し感染パンチ
  • 最近は「エルドラージ・ポスト」に使用者が流れつつある(涙)

「12ポスト」のデッキリストを見る

スリヴァー(15万円前後)

スリヴァー(mtgレガシー)

  • カルト的人気を誇る「スリヴァー」を主軸にしたビートダウンデッキ
  • 各スリヴァーが能力を共有し合う特性を持ち、数が増えると鬼強い
  • 特に《水晶スリヴァー》と《冬眠スリヴァー》が並ぶと、除去できない
  • 色マナを無視してスリヴァーを展開できる《霊気の薬瓶》は重要カード
  • 最近はデュアルランドよりも《魂の洞窟》等の5色ランドが採用される

「スリヴァー」のデッキリストを見る

ベルチャー(15万円前後)

ベルチャー

  • 《ゴブリンの放火砲》で、一気に20点以上の火力を狙うコンボデッキ
  • デッキのほとんどがマナ加速カードで、土地は《Taiga》1枚のみ
  • コンボに必要なのは7マナ。これをいかに貯めて「発射」するかが鍵
  • 別ルートの勝ち手段として《巣穴からの総出》も採用されている
  • 運ゲー要素の部分が大きいけど、非常に熱狂的なファンが多い

「ベルチャー」のデッキリストを見る

ペインターコンボ(32万円前後)

ペインターコンボ(mtgレガシー)

  • 《絵描きの召使い》と《丸砥石》によるコンボ系コントロール
  • 上記の2枚が揃うだけで、相手のライブラリーを無限に破壊できる
  • 赤もしくは青を主軸に1〜3色で組まれ、様々なデッキタイプがある
  • ゲーム中の全てのカードの色を変えるため《紅蓮破》等と相性バツグン
  • 世界中に熱狂的なファンがおり、MOなどでも稀に全勝5-0している

「ペインターコンボ」のデッキリストを見る

ボンバーマン/サルベイジャーコンボ(40万円前後)

ボンバーマン

  • 《オーリオックの廃品回収者》を主軸に無限ダメージを狙うコンボデッキ
  • 《オーリオックの廃品回収者》と《ライオンの瞳のダイアモンド》で無限マナが発生
  • ⇒そのマナを《歩行バリスタ》などで無限火力に置き換え、一撃で相手を倒す
  • 昔は「赤の呪文爆弾」が使われ、その見た目からボンバーマンと命名された
  • エターナル・ウィークエンド・アジア2018で10位に入賞し、注目のアーキタイプ

「ボンバーマン」のデッキリストを見る

忍者(65万円前後)

忍者

  • 神河で登場した「忍者」を主軸にした、クロック・パーミッション
  • 統率者2018で《虎の影、百合子》が追加され、デッキパワーが上昇
  • 《悪意の大梟》と忍術の相性がよく、アドバンテージを大きく稼げる
  • 《意志の力》は、打ち消し呪文としても、百合子のクロックにもなり優秀
  • 今後もっと研究が進めば、数が増えてもおかしくない伸びシロがある

「忍者」のデッキリストを見る

フェアリー(42万円前後)

フェアリー レガシー

  • 軽いフェアリーを展開し、各呪文で補助するクロック・パーミッション
  • 青単もしくは青黒で組まれることが多い。フェアリー・ストンピィは別物
  • 瞬速を持つフェアリーが多く、相手の動きを見て展開できるのが特徴
  • 《呪文づまりのスプライト》が優秀。カウンターしつつクロックも出せる
  • 《突然の衰微》が環境から少し減り、《苦花》でゲームを決めることも

「フェアリー」のデッキリストを見る

スタイフルノート(15万円前後)

スタイフルノート(mtgレガシー)

  • 《ドレッドノート》と《もみ消し》コンボ搭載のコントロールデッキ
  • 1ターン目に12/12トランプルが出てくることもあり、リアニ並みの速度
  • クリーチャーもしくはアーティファクト除去がなければ速攻で負ける
  • ただ、勝ち筋がドレッドノートに依存しており《虚空の杯》がとても効く
  • MTGのトーナメントでは本当に極稀に見かけるアーキタイプ

「スタイフルノート」のデッキリストを見る

食物連鎖コンボ(26万円前後)

食物連鎖(mtgレガシー)

  • 《食物連鎖》を主軸とした無限ダメージを狙うコンボデッキ
  • 追放領域から唱える生物をエサにして、無限マナを生み出す
  • フィニッシャーに《歩行バリスタ》が無限火力として採用されている
  • 《死儀礼のシャーマン》が禁止され、デッキはかなり弱体化した
  • これもレガシーならではコンボデッキで使ってみるとなかなか楽しい

「食物連鎖コンボ」のデッキリストを見る

欠片の双子コンボ(40万円前後)

双子の欠片(mtgレガシー)

  • モダン禁止の《欠片の双子》で無限トークンを狙うコンボデッキ
  • 赤青の2色で構成される。2マナランドの恩恵で速度がアップ
  • 《虚空の杯》《血染めの月》など採用したストンピィ型が多め
  • 《詐欺師の総督》のタップ能力が地味に優秀で、分からん殺しも
  • 環境トップの「青白奇跡」が苦手なので、どう攻略するかが課題

「欠片の双子コンボ」のデッキリストを見る

【補足】Tierランキングとは??

Tierランクとは

Tierとは、現環境における流行度を表す言葉です。当記事のデッキランキングでは、Tierを基準にしてTier1~4までランク分けして掲載しています。

使用率が高い=強いデッキという指標で、Tier1は多くの人に人気で安定した勝率を上げているデッキがランクインしやすいです。

注目度が高い分対策されやすいですが、基本的には苦手なデッキが少なく、対策されづらいデッキが選ばれます。

つじもんのまとめ

つじもん|まぬけブログ

《死儀礼のシャーマン》と《ギタクシア派の調査》が禁止されてからは、2トップだった「(旧)グリクシス・デルバー」と「4Cレオヴォルド」が消滅し、環境が大きく変わりました。

で、現環境にて「最強のデッキ」になったのは「グリクシス・コントロール」。クリーチャー除去やドロー呪文、打ち消し呪文など幅広いカードが採用されていて、最もバランスが良いです。

《悪意の大梟》や《コラガンの命令》《トーラックへの賛歌》など、ほぼ確実に「1枚で2枚対処できるカード」が多く、めちゃくちゃ強力です。これからレガシーのトップメタとして君臨し続けそうです。(素人並みの感想)

それに続いて「青白奇跡」「デスシャドウ」「デス&タックス」「(新)グリクシス・デルバー」などなど、がいる感じ。このあたりのデッキの順位は、その時々の環境や大会によって大きく異なります。

もちろん、各デッキ同士で相性差などあるため、一概には「最強」と言うのはお門違いかもしれませんが……。

あ、これからレガシーに参入しようと思ってる方は、再録禁止カードだけは早めに購入した方がいいです。

一部の再録禁止カードは、常に高騰をしているため「気がつくと値段が数倍になっていた」なんてことが日常茶飯事です。ホントにマジで。

特に《Underground Sea》や《Volcanic Island》等のデュアルランドは、デッキによっては必須カードです。凡用性が高く、需要もあるため値段が大きく下がることはありません。

「あの時に買っとけばよかった……!!」と思ったことが死ぬほどありました(白目)

んで、もし「出来るだけ安くレガシーに参入したい!!」という方には、バーン(4万円前後)を。

「もう少しお金を出せるし、環境でもそこそこ強いデッキを使いたい!!」という方には、「デス&タックス(12万円前後)」「黒赤リアニメイト(14万円前後)」「青白奇跡(20万円前後)」「エルドラージ(20万円前後)」あたりがオススメです。

ちなみにボクは「エルドラージ」をずっと愛用しています。現環境でも全然戦えるのでお気に入りです。是非あなたもお気に入りのデッキを見つけてくださいね!!

あ、そう言えば、少し前にMTGで使っているオススメのサプライ商品をまとめた記事を書きました!! また興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!!

【MTG】おすすめのサプライ商品まとめ!スリーブ、デッキケース、プレイマット、カードファイルをレビュー!|まぬけブログ

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございます!! 何度も言いますが、あくまでも素人がまとめた情報なので参考程度にどうぞ!!

他にも抜けているアーキタイプなどあるかと思いますが、もし見つけたときはツイッターなどでコッソリ教えてくださいw

一人でも多くのMTGプレイヤーが増えればいいな、と願っています。おしまい。

画像引用元:『マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト』 より

スポンサード リンク