旅に出よう♪今、僕が行きたい海外スポット5選!#btravel

スポンサード リンク

何やら面白そうなブロガー連動企画を行っていたので、乗っかてみます。

今回のテーマは「今、行きたい国やスポット(国内、銀河系含む)5選#btravel」です。銀河系もオッケーなようですw

最近、個人的にも『旅』というものに関心がありました。というのも、青木優さんが書かれている「ヒビログ」の記事を見て、僕も世界一周を絶対にしてみたいと思っているからです。これはジャストなタイミングだと思って、行ってみたい国や都市について考えてみました。

他の皆さんは、国内の場所に関して書かれている記事が多いです。でも、僕は海外に行ってみたいので、海外の都市で5つ考えてみました。(都市じゃないものも入っているケド…w)

スポンサーリンク

ウユニ塩湖/ボリビア

ウユニ塩湖:ボリビア

まず、行ってみたい場所として真っ先に思いついたのが、ボリビアの「ウユニ塩湖」。(いきなり都市ではないですが…w)

水平線と空が一つになる、自然が作り出した唯一無二の絶景をいつかこの目で見てみたいです。季節や天候などの条件が揃えば、360度見渡すかぎりの塩の大平原が広がります。

世界最大の塩湖とも呼ばれているその大きさなはなんと、秋田県と同じほど。そのあまりのスケールの大きさに見たものは言葉を失ってしまうそうです。

僕もいつかそんな体験をしてみたいです。世界一周を行う際には、必ず立ち寄ってみたい場所です。

愛のトンネル/ウクライナ

愛のトンネル:ウクライナ

訪れる者を神話の世界へと誘う、緑に覆われた幻想的なトンネルです。

まるで別世界に通じていそうな神秘的な場所。神話やおとぎ話の場面のようなこの美しすぎるトンネルは、ウクライナにあります。

愛し合っているカップルがこのトンネルをくぐると、願い事が叶うという伝説もあります。最近はここで挙式を挙げるカップルも増えているそうです。

トンネルは夏の間は緑一色ですが、秋には黄色に色づき、冬には白く雪化粧されたりと一年中楽しむことが出来ます。彼女とのデートで行ってみたいですよね。

九份(きゅうふん)/台湾

九份:台湾

台湾北部の山間にある新北市にある町です。

ここは、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に出てくるのような場所です。(※モデルになった場所だとネットでは書かれていることが多いですが、実はそうではないようです。)

九份の町並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、当時の酒家や料理店などが多数残されています。

赤い提灯が街なかに無数に存在しており、映画のワンシーンを彷彿させます。知らない間に映画の世界に引きこまれてしまいそうです。

まさに千尋が迷い込んだ異世界そのものですよね。今にも湯婆婆とか現れそうです。

このレトロ感あふれる独特の雰囲気は、ジブリ映画が好きな人にとってはたまらない場所だと思います。

タプローム遺跡/カンボジア

タプローム遺跡:カンボジア

アンコール遺跡群のなかでも、際立って魅力的なタプローム遺跡。

12世紀に仏教寺院として建立され、その後ヒンドゥー教寺院へと変わりました。

19世紀に発見されるまで、遺跡は森に埋もれていたそうです。発掘作業が進んだ今も、実は破壊が進んでいる場所です。寺院全体に大樹ガジュマルが絡みつき巨大な根が組石の隙間に入り込み、遺跡を飲み込もうとしているためだそうです。

熱帯で育った樹齢300年を越える根は四方八方に伸び、その姿がまるで巨人が手のひらを広げて遺跡を掴んでいるようです。自然の力強い生命力が人間の造った寺院を凌駕する姿、それこそがタプローム遺跡の最大の魅力です。

カンボジアでは今でも仏教徒が多く、今でも修行中の少年僧を見かけることもあるそうです。一度、行ってみたい場所です。

シリコンバレー/アメリカ

シリコンバレー:アメリカ

Apple、Google、Facebook、Twitter、Evernote、Intelなどなど。インターネットの登場以降、めざましい発展を遂げている町「シリコンバレー」。

世界のトップクラスのIT企業が数多く集まっており、アメリカのサンフランシスコにあります。実在する地名ではなく、サンフランシスコのサンタクララ、パロアルト、サンノゼ地区の総称のようです。

世界中の情報通信産業のメッカと呼ばれています。ここも死ぬまでは絶対に一度は訪れてみたいです。各IT企業の本社の前で、横不動をして記念写真を撮ることが一つの夢でもあります。

あのスティーブ・ジョブズが生まれ育った町。そして数々のイノベーションが生まれた地。そんなシリコンバレーは、ネットギークにとってはたまらない場所です。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!

いかがだったでしょうか?今回は、海外の都市のみにスポットを当てて書いてみました。

国内版も書いてみても面白そうですね!!他のブロガーの方のリンクも下に貼っておきます。

あなたの「行きたい国やスポット(国内、銀河系含む)」も是非、教えてください、ハッシュタグは#btravelです。よろしくお願いします。

企画に参加されているブログはコチラ

【ブロガー企画】旅に出よう♪今、私が行きたい国内スポット5選!♯btravel | FLAT 23
「行きたい国やスポット(国内、銀河系含む)5選#btravel」 …

スポンサード リンク

スポンサード リンク

何やら面白そうなブロガー連動企画を行っていたので、乗っかてみます。

今回のテーマは「今、行きたい国やスポット(国内、銀河系含む)5選#btravel」です。銀河系もオッケーなようですw

最近、個人的にも『旅』というものに関心がありました。というのも、青木優さんが書かれている「ヒビログ」の記事を見て、僕も世界一周を絶対にしてみたいと思っているからです。これはジャストなタイミングだと思って、行ってみたい国や都市について考えてみました。

他の皆さんは、国内の場所に関して書かれている記事が多いです。でも、僕は海外に行ってみたいので、海外の都市で5つ考えてみました。(都市じゃないものも入っているケド…w)

スポンサーリンク

ウユニ塩湖/ボリビア

ウユニ塩湖:ボリビア

まず、行ってみたい場所として真っ先に思いついたのが、ボリビアの「ウユニ塩湖」。(いきなり都市ではないですが…w)

水平線と空が一つになる、自然が作り出した唯一無二の絶景をいつかこの目で見てみたいです。季節や天候などの条件が揃えば、360度見渡すかぎりの塩の大平原が広がります。

世界最大の塩湖とも呼ばれているその大きさなはなんと、秋田県と同じほど。そのあまりのスケールの大きさに見たものは言葉を失ってしまうそうです。

僕もいつかそんな体験をしてみたいです。世界一周を行う際には、必ず立ち寄ってみたい場所です。

愛のトンネル/ウクライナ

愛のトンネル:ウクライナ

訪れる者を神話の世界へと誘う、緑に覆われた幻想的なトンネルです。

まるで別世界に通じていそうな神秘的な場所。神話やおとぎ話の場面のようなこの美しすぎるトンネルは、ウクライナにあります。

愛し合っているカップルがこのトンネルをくぐると、願い事が叶うという伝説もあります。最近はここで挙式を挙げるカップルも増えているそうです。

トンネルは夏の間は緑一色ですが、秋には黄色に色づき、冬には白く雪化粧されたりと一年中楽しむことが出来ます。彼女とのデートで行ってみたいですよね。

九份(きゅうふん)/台湾

九份:台湾

台湾北部の山間にある新北市にある町です。

ここは、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に出てくるのような場所です。(※モデルになった場所だとネットでは書かれていることが多いですが、実はそうではないようです。)

九份の町並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、当時の酒家や料理店などが多数残されています。

赤い提灯が街なかに無数に存在しており、映画のワンシーンを彷彿させます。知らない間に映画の世界に引きこまれてしまいそうです。

まさに千尋が迷い込んだ異世界そのものですよね。今にも湯婆婆とか現れそうです。

このレトロ感あふれる独特の雰囲気は、ジブリ映画が好きな人にとってはたまらない場所だと思います。

タプローム遺跡/カンボジア

タプローム遺跡:カンボジア

アンコール遺跡群のなかでも、際立って魅力的なタプローム遺跡。

12世紀に仏教寺院として建立され、その後ヒンドゥー教寺院へと変わりました。

19世紀に発見されるまで、遺跡は森に埋もれていたそうです。発掘作業が進んだ今も、実は破壊が進んでいる場所です。寺院全体に大樹ガジュマルが絡みつき巨大な根が組石の隙間に入り込み、遺跡を飲み込もうとしているためだそうです。

熱帯で育った樹齢300年を越える根は四方八方に伸び、その姿がまるで巨人が手のひらを広げて遺跡を掴んでいるようです。自然の力強い生命力が人間の造った寺院を凌駕する姿、それこそがタプローム遺跡の最大の魅力です。

カンボジアでは今でも仏教徒が多く、今でも修行中の少年僧を見かけることもあるそうです。一度、行ってみたい場所です。

シリコンバレー/アメリカ

シリコンバレー:アメリカ

Apple、Google、Facebook、Twitter、Evernote、Intelなどなど。インターネットの登場以降、めざましい発展を遂げている町「シリコンバレー」。

世界のトップクラスのIT企業が数多く集まっており、アメリカのサンフランシスコにあります。実在する地名ではなく、サンフランシスコのサンタクララ、パロアルト、サンノゼ地区の総称のようです。

世界中の情報通信産業のメッカと呼ばれています。ここも死ぬまでは絶対に一度は訪れてみたいです。各IT企業の本社の前で、横不動をして記念写真を撮ることが一つの夢でもあります。

あのスティーブ・ジョブズが生まれ育った町。そして数々のイノベーションが生まれた地。そんなシリコンバレーは、ネットギークにとってはたまらない場所です。

スポンサーリンク

つじもんのまとめ

つじもん 僕の始まり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!

いかがだったでしょうか?今回は、海外の都市のみにスポットを当てて書いてみました。

国内版も書いてみても面白そうですね!!他のブロガーの方のリンクも下に貼っておきます。

あなたの「行きたい国やスポット(国内、銀河系含む)」も是非、教えてください、ハッシュタグは#btravelです。よろしくお願いします。

企画に参加されているブログはコチラ

【ブロガー企画】旅に出よう♪今、私が行きたい国内スポット5選!♯btravel | FLAT 23
「行きたい国やスポット(国内、銀河系含む)5選#btravel」 …

スポンサード リンク